【節約】楽天でんき値上げ後の電気代比較:東京電力と比べて得なの?損なの?

カテゴリ:
2022年6月から楽天でんきの料金単価が値上げになります。

東京電力エリアの楽天でんき料金単価は以下になります。

(改定前)26.5円/kWh→(改定後)29.45円/kWh

上記単価以外に「燃料調整単価」が定められており、これは月ごとの燃料調達コストにより変動します。

先日楽天でんきの6月の燃料調整単価が発表されました。

楽天でんき燃料調整単価

楽天でんき6月の燃料調整単価は2.97円/kWh(東京電力エリア分)

これは東京電力の燃料調整単価と全く同じです。

発表された燃料調整単価と値上げ後の単価を元に、6月の電気料金を楽天でんきと東京電力で比較してみました。

自分の1か月の電気使用量は大体60kWhなので、60kWhで試算します。

楽天でんき

0円(基本料金)+(29.45円(単価)+2.97円(燃料調整単価))×60kWh+897円(再エネ賦課金)=2,842円

東京電力

858円(基本料金)+(19.88円(単価)+2.97円(燃料調整単価))×60kWh+897円(再エネ賦課金)=3,126円

東京電力燃料調整費単価

(計算式は上記リンクの「電気料金の計算例」を参考にしました)


60kWhという低量使用者の場合、楽天でんきの方が電気代が安くなりますね。

なので私は6月以降も楽天でんきとの契約を継続します。

楽天でんきが燃料調整単価を東京電力と同じに設定するのであれば、私の場合、楽天でんきを使った方が安くなると思います。

楽天でんきの基本料金0円が低量使用者には電気代削減に効果を発揮するような気がします。

ただ、今後も継続的に楽天でんきと東京電力の単価と燃料調整単価をウォッチし、どちらが得かをチェックしていきたいと思います。

楽天でんきの値上げで6月以降の電気代が気になる方の参考になればうれしいです。

電気使用量削減・電気代節約にはLED電球への交換が効果的です。

この機会に電球をLED電球に変えてみてはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【副収入】メルカリが6/16から配送料値上げ

カテゴリ:
残念なことにメルカリの配送料が6月16日から値上げになります。

ネタ元はこちら。


(上記サイトより引用)
メルカリ送料

らくらくメルカリ便(ヤマト宅急便)、ゆうゆうメルカリ便(日本郵便)ともに少しずつ値上げになっています。

ネコポス210円になったら、メルカリの最低価格300円ではもう売れないですよよね。

だって利益60円ですよ。

値上げの理由としては「物価上昇などの社会情勢を総合的に鑑みた結果」となっています。

また、値上げのタイミングは購入タイミングで、6月16日の正午前後で変更するようです。

配送に必要なガソリン代値上げの影響が大きいのでしょうか?

一般のメルカリユーザーとしては、今回の配送料値上げで受け取り利益が減るので、影響は大きいです。

気になるのはメルカリ以外のフリマアプリやオークションが追随するのか?ということ。

値上げの原因が本当に物価上昇であれば、ラクマなどの他のフリマアプリも追随するでしょうね。

もしラクマが配送料値上げに追随しないのであれば、今後の取引はラクマを主体にしようかな。

ラクマを運営する楽天は、楽天モバイルの0円料金を無くしたり、楽天ポイントの改悪など、最近立て続けにサービスダウンを実施しています。

この流れだとラクマの配送料もメルカリにならって値上げするかもしれませんね。

値上げばかりで厳しい世の中ですが、引き続き上手にフリマアプリを活用して断捨離をすすめていきます。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【投資】株がじわじわ下落中:でもインデックス投資は継続するのだ

カテゴリ:
アメリカでも日本でも株価がじわじわ下落してますね。

2021年が緩和マネーの影響で市況が良すぎたので、アメリカが利上げしそうな今、株価がじわじわ下がる傾向は今後も続くと思います。

2022年は下落の年になるような気がします。

株が下落して含み損になってもあまり気にしない性格なので、全世界株の定期定額インデックス投資は引き続き継続します。

というのも、自分がインデックス投資を本格的に始めたのは2008年頃で、株式市場が下落して含み損になるのは既に経験済みなのです。

インデックス投資を始めた直後に、サブプライムローン問題やらリーマンショックやらで、2014年ぐらいまでずーっと含み損状態が続きました。

でも当時仕事が忙しかったこともあり、気にせずそのまま定期定額インデックス投資を続けました。

やることはたった一つ、毎月決まった日に証券口座を開き、決められた額で自分の決めた投資信託を買うだけ。

(当時は投資信託の自動買い付けという便利な機能はありませんでした)

証券口座内はいつも赤字の含み損状態だったけど、気にせず毎月積み立て続けました。

そうしたら、ある年(2014年頃だったか?)突然損益がプラスに転じ、その後どんどんプラス額が大きくなっていきました。

この時の経験から、利益を得るには一度含み損状態を経験する必要があることが分かりました。

なので、今回も株式市場の下落や含み損を気にせず、定期定額インデックス投資を続けます。

株価がじりじり下がる今のような状況は今後数年、もしかしたら10年ぐらい続くかもしれないな、と思っています。

でも、この下落相場に耐えて、定期定額インデックス投資を続ければ、その後資産が増える時が来ると信じています。

資本主義が崩壊しない限りは・・・

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ



楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

このページのトップヘ

見出し画像
×