【メルカリ】高く販売するコツ:値付け

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

節約、投資、ライフハックに関する情報発信をしています。

今回は、実家の片付けてメルカリを利用して得た、メルカリで高く売るコツを書いていきたいと思います。

メルカリは上手に利用すると、良い副収入になりますよ☆
b881c316715047c179130390fee2934b_s

1.市場価格を入念にリサーチ

メルカリで商品を販売しようと思ったら、まずメルカリで同じような物がどのぐらいの価格で販売されているかを必ず確認しましょう。

できればヤフオクやラクマなど、他のフリマアプリでも、同様の商品がいくらで販売されているか確認しましょう。

特に実際に購入された成約価格を確認することが大事です。

これをしないと、自分の商品を市場価格より安い価格で売り、損する可能性が高いです。

2.市場価格より若干高めの価格を設定

市場価格を確認したら、送料等や販売手数料を含めて最低販売価格を検討しましょう。

この価格以下で売ったら、転売する意味がないと思われる価格です。

私は個人的に、販売利益(手残り)が300円以下の価格では売らないようにしています。

最低販売価格を決めたら、価格交渉される前提で市場価格より少し高めの価格を設定します。

最初に設定した価格で売れなかったり「いいね」がつかなければ、少しずつ価格を下げていけば良いかと思います。

ただ、とにかく早く売りたいといった場合や、どう見てもあまり売れなそうな商品は最初から市場価格で売るのもひとつの方法かもしれません。

3.希望価格より安い価格で値段交渉されたら?

販売を開始すると、お値引き交渉のコメントが入る場合があります。

というか、メルカリではお値引き交渉が入るものと思っておいた方がよいです。

お値引き交渉には、極力対応することをお勧めします。

お値引き希望コメントが入ったら、まず先方の希望価格を確認しましょう。

「お値引き可能ですか?」といったコメントには、すぐにこちらの希望価格をすぐに言う必要はありません。

先方のあげた希望価格が、こちらの希望価格よりも低い場合は、送料がかかることなどを理由にして希望価格では売れないけれども購入意向が高ければ、少しは値引きを検討しますよ、と交渉しましょう。

そして「購入希望が高い」というニュアンスで回答があった場合のみ、こちらの希望価格提示をしましょう。

(くれぐれも「最低販売価格」より安く売らないように・・・)

経験から言って、すぐにこちらの希望価格を提示するより、段階を踏んだ方が実際に購入してもらえる可能性が高まります。

4.まとめ:メルカリは妥当な価格設定と値下げ交渉が大事

メルカリで大事なのは、①妥当な価格設定②値下げ交渉です。

これを失敗すると、高く売れる物でも、安く売れてしまいます。

この2点を怠ったことで、失敗したことが何回かあります。

入念な準備で、メルカリで良い副収入が得られるとよいですね~


では、またね。(*・ω・)ノ

↓読者登録お願いします。

かわいい猫が来た

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

友達からかわいい猫のもなかをいただきました。
IMG_4239
たらふくもなか、というそうです。

中は白あんで、ほどよい甘さがちょうどよい感じ。

北海道産の白小豆でつくられたあんで、上品な甘さでした。

かわいいものを見ると癒されるし、こころががほっこりします。

美味しいものを食べると満たされて、こころがあったかくなります。

かわいいもなかをくれた友人に感謝です。

この猫のように、人をちょっとだけ幸せにできる生き物になりたい。

猫さんはここで購入できるようです。


引き続きよろしくお願します。


では、またね。(*・ω・)ノ

↓読者登録お願いします!

【健康】冬季うつの対策って?秋から冬の不調にご注意

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

最近めっきり日が短くなりましたね。

秋から冬にかけて過眠気味になり気分がふさぐ方はいませんか?
bc085c3017509dacdb62282000c4671d_s
もしかしたら冬季うつ病の傾向があるのかもしれません。

実は私も冬季うつ病の傾向があるように感じています。

今日はこの冬季うつ病について簡単に説明しつつ、私のしている対策をご紹介します。

冬季うつ病とは?

冬季うつ病は、秋から冬にかけて、過眠、過食(特に甘いものが食べたくなる)、うつ症状などの不調が現れる病気です。

通常のうつ病と違い、睡眠と食事はとれることから見過ごされやすいようです。

私も冬になると10時間ぐらいは平気で寝るようになります。

冬季うつ病の自覚がない時は、自分では冬は「冬眠状態になる」と思っていました。

冬になったら熊みたいに冬眠できればいいのに、とも思っていました。

ただ眠ってすっきりするかといえば、活動性も低下し、冬はぼんやりした気分のことが多いです。

過眠状態にあるのに朝起きれなくて、若い時は会社に遅刻してしまったこともあります。

そして甘いものが無性に食べたくなります。

ケーキとかチョコレートとか、菓子袋を開けて一気に全部食べたりしてました。

今は自分の冬季うつ傾向に気がついているので、上手にコントロールして、遅刻もなく、過食もほどほどにできるようになりました。

 

冬季うつ病の原因は?

秋から冬にかけて日照時間が短くなることが関係していると、ネット検索すると書いてありますね。

脳内のセロトニンという神経伝達物質が少なくなるとか。

(セロトニンはうつ病でも少なくなるようです)

上記が原因とすると、日照時間が長いところに行く、セロトニンが増えるように行動するのが対策になりそうです。

冬季うつ病の対策は?

ここでは私がしている対策をご紹介します。
f542ab6de4125bb5b2892ece8fce2cc2_s
1.できるだけ日の光を浴びる

・窓の大きい光の入る家に住む

・朝起きたら窓のそばで外を見ながら朝食を食べる

・朝の通勤電車では日の光が当たる側に立つ

・ランチタイムはオフィスの外に出て日の光を浴びて散歩する

・年末に南の島に旅行に行く(転地療養のようなものでしょうか)


2.セロトニンを増やす行動をする

・週に1回運動する:特にダンスやエアロビのようなリズム運動
 理由:ダンスのようなリズム運動はセロトニンを増やす効果があるようです。散歩でも効果があるらしい。

・バナナを1日1本食べる
 理由:バナナはトリプトファンというセロトニンの元になる物質を多く含んでいるらしいです。

・夜ぬるめの湯船にゆっくり長時間つかる
 理由:湯船にゆっくりつかるようなリラックス効果の高いこともセロトニンを増やす効果があるようで。

・ほどほどに甘いものを自分に許す
 理由:甘いものや炭水化物もセロトニン増やす効果があるようなので、ほどほどであれば許しています。

そして後はひたすら春が来るのを待つ!!

まとめ:冬季うつ病と折り合いをつける

上記のような対策をしてから、うまく嫌な冬を乗り切れるようになりました。

昔から冬が嫌いで、なんで秋から冬は気分がふさぐのか自分でも不思議でした。

10月は変な失敗をすることが多く「魔の10月」と呼んでいました。

今は自分の特徴を理解し、冬季うつ傾向とうまく折り合いをつけられるようになりました。

専門医の診断を受けたわけではないので、自己診断だし、わりと軽度なのでなんとか自分で対処できているのかもしれません。

本当に症状がひどい方は、専門医の診断を受けて、専門家の助言をもらうことをお勧めします。

もしかしたら秋から冬の不調や失敗はあなたの性格のせいではないかもしれません。


この情報が誰かの役に立てばうれしいです。

では、またね。(*・ω・)ノ

↓読者登録お願いします。

このページのトップヘ

見出し画像
×