秋は換毛の季節:抜け毛が多くて困る

カテゴリ:
普段節約・投資・旅行について書いていますが、たまには悩みについて書いてみようと思います。

私の悩みは抜け毛が多いこと。
25027273_s (1)
と言ってもハゲそう、と言うことではなく、元々髪の量が多いのです。

世の中には薄毛で困っている方もいるのにぜいたくな悩みかもしれません。

でも本当に困っているのです。

特に秋は抜け毛が多くて困ります。

人間も動物なので秋は抜け毛が多くなるようです。

掃除機をかけても、すぐに床に抜け毛が落ちているのが気になります。

こんなに抜けて本当にハゲるんじゃないかと心配したこともあります。

でも年齢を重ねても一向に毛量が減る兆しはありません。

ということで秋はいつもより頻繁に掃除機をかけることになります。

毎朝風呂場で髪をとかして、抜ける毛を風呂場で落とすようにしているのですが、

気がつくといつも部屋の床に毛が落ちています。

髪の毛って頭に生えている時は大事にされるのに、

いったん床に落ちるとやっかいもの扱いになるのが不思議です。

髪の毛が生えているだけでありがたいと思う一方、

もう少し少なくてもいいのになと思う今日この頃。

秋は換毛の季節。

たわいもない独り言をお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【節約】楽天でんきから東京電力の従量電灯Bに切り替わった

カテゴリ:
先日楽天でんきから東京電力の従量電灯Bに切り替えました。
e0a0fbf687200cb7e5506849800a959e_m
理由は、楽天でんきが11月から市場連動型プランに変更になるから。

市場連動型プランになると、冬の電気代がはんぱ無く上がることになるので、

燃料調整額の上限がある東京電力の従量電灯Bに切り替えることにしました。

東京電力の従量電灯Bに切り替えるにあたり、すったもんだがありましたが、

詳しくは以下のブログ記事をご覧ください。





そして無事に楽天でんきが市場連動型プランに切り替わる11月前に、

東京電力の従量電灯Bに切り替えることができました!

すでに楽天でんきの使用実績は止まり(これは楽天でんきのマイページで確認しました)

東京電力WEBサイトで自分の契約者情報を確認することができました。

東京電力のWEBサイトで口座振替手続きをしたところ、自分の契約がちゃんと登録されていました。

契約プランも「従量電灯B」になっていました。

無事口座振替手続きも完了することができました。

電気料金を口座振替にすると55円お値引きがあるので、クレカ支払いよりお勧めです。

(私は低量使用者なので口座振替の方がおトクですが、電気使用量が多い方はクレカ払いの方が良いかも。どちらが良いかは使用量によりますね。)

東京電力の従量電灯Bには、東電のオペレーターさんに電話で申し込んだので、

本当にちゃんと登録されているのか?不安があったんですよね。

だけどちゃんと従量電灯B で登録されているのが確認できて安心しました。

東京電力の従量電灯Bは、燃料調整額が5.13円/kwで上限設定されているので、

冬の電気代高騰に向けて、少し安心することができました。

さらに先日報道で国から電気代の補填が7円/kw入るとの情報が。



ガスも1立方メートルあたり30円補填があるようです。

助かります。

早く世界情勢が落ち着きを取り戻し、電気ガス値上がり問題が解消してほしいです。

日本の値上がりはまだ大したこと無く、欧州の電気代高騰は本当に大変なことになっているようで、心が痛みます。

これから寒い冬を迎えるにあたり不安だろうなと思います。

なんとかこの冬を乗り切れるように、節電に努めるしかないですね。

うちは節電のために電球をLED電球に変えました。


ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【旅行】青森の秘湯、青荷温泉の旅行費用公開:全国旅行支援とJR東日本パスでおトク

カテゴリ:
先日青森の青荷温泉に2泊3日で旅行に行ってきました。

鉄道開業50周年のJR東日本パスと全国旅行支援を使い、おトクに旅行できました。
IMG_4114
なので、今回初めて旅行費用を公開してみようと思います。

関東から青森の青荷温泉に行くと交通費だけでも結構かかるので、おトクに行けてうれしかったです。

ちなみに今日(10/28)の夕方、日テレ系列のスーパーJチャンネルで青荷温泉が放送されるそうですので、良かったら見てみてください。

①交通費

鉄道開業150年JR東日本パス:22,150円

津軽フリーパス:2,100円(青荷温泉までの往復バス代より安かったので購入)

タクシー代:400円(弘前市内で1回乗ってしまいました)

合計:24,650円

津軽フリーパスは弘前市内のバス代が乗り放題なので、弘前を含む津軽地方を旅する方はマストアイテムです。
IMG_4272 (1)

②宿代

1泊目 弘前駅前ビジネスホテル:4,830円(全国旅行支援で3,220円割引き)

2泊目 青荷温泉宿泊:7,800円(入湯税込み、全国旅行支援で5,000割円引き)

合計:12,630円

2泊とも全国旅行支援を使って通常より安い値段で泊まることができました。

青荷温泉についてはコチラの記事をご覧ください。



青森県の地域共通クーポンも6,000円分いただきました。

お宿は全て楽天トラベルで予約♪


③食事

1日目ランチ:1,100円(青森駅近くの市場でのっけ丼)

2日目ランチ:650円(虹の湖公園でつゆやきそば)

3日目夕食:750円(新青森駅で煮干しラーメン)

合計:2,500円

上記以外の食事は宿付きの食事、または全国旅行支援のクーポン券3000円で支払いました。

ちなみにクーポン券で支払ったのは、1日目の夕食と3日目のランチ。

3日目のランチは弘前の洋館で洋食とアップルパイをいただきました。(クーポン券2000円使用)
IMG_4243

④その他

観光施設入場料:

 ねぶたの家ワ・ラッセ:620円

  青森駅のすぐ近くにあり、最終日に時間を消化するには良い施設。
IMG_4145

 弘前城&藤田記念公園入館料:520円

  広大なお庭が気持ち良い洋館。併設のレトロなレストランでランチもオススメ。
IMG_7383

お土産
 
 黒石のJAでりんご購入:250円

 黒石で和菓子購入:260円

合計:1,650円

⑤総旅行費用

41,430円

青森は関東から行くと交通費だけで3.5万円ぐらいかかるので、今回JR東日本パスを使って行くことができて本当に良かったです。

青森から関東に公共交通機関でアクセスするには、JRか飛行機で青森空港のふたつしかない。

しかも飛行機はJALしか就航していないので、航空券代が高いのです。

JR東日本パスが使えなかったら、青荷温泉には行けませんでした。

JR東日本パスは、自宅から東京駅までの交通費や青森の在来線の交通費もすべて含まれるので、本当におトクでした。

JR東日本パス、ぜひまた実施してほしいです。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

このページのトップヘ

見出し画像
×