カテゴリ

カテゴリ:読書

【読書】「本気でFIREを目指す人のための資産形成入門」を(穂高唯希 著)を読んでみた

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

「本気でFIREを目指す人のための資産形成入門」を読んでみました。
1856
本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法

著者の穂高唯希さんは、元三菱系列のサラリーマンだった方で、高収入であるにもかかわらず、収入の大半を主に米英豪、一部アジアの高配当株投資に入金し、30歳でFIREを達成した方です。

元はブログ「三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみた」を書いていて、今も更新されている方です。

本書は穂高さんのFIRE達成までに実践してきたことを紹介しています。

穂高さんのしてきたことは極めてシンプル。

収入ー支出を最適化(節約)し、収入の8割を高配当株投資に入金し続けてきたこと。

私もこの公式には大賛成です。

世の中には支出の最適化(節約)を貧乏くさいと感じる方もいますが、いくら収入が多くても、無駄遣いが多ければ、収入の8割もの金額を投資に回すことはできません。

支出の最適化(節約)、非常に重要です。

本書には穂高さんが実際に行った節約方法が紹介されています。

また、穂高さんは個別株の高配当株投資を実施してきたそうです。

実際に穂高さんが投資してきた個別の高配当株がいくつか紹介されています。

しかし銘柄選定において個別株は一般人には非常に難易度が高い。

そこで、個別株に代わるものとして米国高配当ETFを勧めています。

具体的には、SPYD、HDV、VYMといった購入銘柄数70以上の高配当ETFを推奨しています。

自分はインデックス投資家で、市場全体に投資する方法を実践してきたので、ここは穂高さんと少し異なることころ。

穂高さんが言うには、高配当株投資は株価の下落局面において精神の安定を保つのに良いそうです。

高配当株は相場の下落局面でも安定的な配当があることで、株価下落のマイナスを和らげる効果があると。

確かに全世界のインデックス投資をしていると、1~1.5%程度の配当があるとはいえ、市場の下落をもろに受けることになります。

なので、穂高さんの言うことはもっともと感じました。

私も個人年金がわりに高配当株ETFを少し買ってみようと思います。

最も心に残ったのは、穂高さんがこれからの生き方について自らの考えを語っていたこと。

本書では、株式投資で経済的に自由になるテクニカルな技術を伝えるのみならず、主体的に生きること、自らの価値観を信じて人生を選び取ることの大切さが書かれています。

これまでの高度成長社会の高消費的生き方が唯一の正解ではなく、自分にとって何が大切か、自分を信じて自由に選び取ることが重要と書かれています。

そしてその自由を下支えするものとして、経済的に自由であること(配当収入があること)が大切なのだそうです。

資本主義社会では清貧にくらしていても、いくばくかのお金は必要です。

FIREムーブメントを単に働きたくない人の運動、ととらえる方がいますが、そうではなくて今まで良しとされてきた生き方に疑問をもち、主体的に生きる(働く)ことを選び取ることが本質なのでしょう。

これまでと異なる生き方にフォーカスしている点では、ミニマリストに近い考え方なのかもしれません。

私も穂高さんのように経済的自由を得て主体的に生きていきたい。

そのためにももう少し投資活動を頑張っていきます。



ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【読書】「今夜、すべてのバーで」(中島らも 著)をコロナ渦で読む

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

中島らもさんの書いた「今夜、すべてのバーで」を読みました。
1742
実はこの本を読むのは2度目で、1度目は20代ぐらいに読みました。

小説の形式をとっていますが、おそらく中島らもさんがアルコールの飲みすぎによる体調悪化で入院した体験をベースに書かれています。

入院中の入院仲間?や担当医師との会話を中心に、軽妙な語り口で、アルコール依存症の現実が書かれている、読みやすい本です。

古い本で1994年が初版です。

ですが、今コロナでステイホームが長期化する中、ひそかに自宅でアルコール依存症が進行する方もいるのでは?と思い、再びこの本を手に取りました。

この本を最初に読んだ時は、アルコール依存症の現実を知ることができ、興味深く読むことができました。

今読むと、主人公のセンチメンタルでナルシスティックな部分を傲慢に感じたりもしました。

この点は主人公の担当医師からも指摘されていて「自分のこと特別だと思っているだろ」と言われています。

主人公を支える、親友の妹さやかとの関係も、恋愛関係があるのかないのかよくわからない関係なのに、やたらと甘く書かれていて、ご都合主義というか、なんか不自然に感じました。

最初に読んだ時よりも、自分が大人になったから、バブル時代の男性の狡さや甘えが見え隠れし、違和感を感じるようになったのかもしれません。

批判的な書き方をしてしまいましたが、アルコール依存症の実体を、小説の形式で深刻にならずに知るには良本だと思います。

ちなみに作者の中島らもさんは、酔って飲食店の階段から転がり落ちて52歳で世を去りました。

最後に、私自身のアルコール体験をちょっと披露します。

自分は、親がアルコールが飲めない体質だったので、アルコールは料理酒しかない家で育ちました。

なので、アルコールによる酩酊状態がどんなもんだか知らない子供時代を過ごしました。

小学校高学年だったある日、友人の家に行ったら、高校生のお兄さんが酒を飲んでべろんべろんに酔っぱらっていて、すごくびっくりしたのを覚えています。

人間って酒を飲むとこんな風になるんだ~、怖~い、とショックを受けたというか。

友人は「あいつは頭がおかしいから無視していい」というようなことを言っていました。

アルコールによる過度な酩酊って、本人は何も分からなくなり気持ちいいのかもしれませんが、周囲の人は引くと言うか、迷惑でしかないのではないでしょうか。

自分は親の体質を受け継ぎ、アルコールをあまり飲めないので、アルコールに依存するほど没入する心理がどうしても理解できません。

酒を飲むだけで、現世の憂さをすべて忘れられるのがうらやましいような、怖いような。。

お酒はほどほどに楽しみましょう。

そもそも依存性を持った人に「ほどほどに」と言っても無理ないのかもね。


ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【読書】『精神と物質』(立花隆・利根川進 著)を2回目ワクチン接種後に読む

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

久しぶりに本を読みました。

立花隆さんとノーベル賞学者の利根川進先生の「精神と物質」。
1588
何やら硬いタイトルですが、タイトルどおり硬い文庫本です。

かなり古い本で初版が1993年。

内容は、『抗体の多様性生成の遺伝学的原理の解明』でノーベル賞を単独受賞した利根川進先生の研究人生について。

利根川先生がどんな学生時代を過ごし、どのようにしてアメリカやスイスに渡り、どのようにこの研究テーマにたどり着いてノーベル賞受賞に至ったのか?が詳しく書かれています。

利根川先生は、どうもいきあたりばったりな性格の様で、計画して免疫学やこの研究テーマにたどり着いたわけではなく、様々な偶然に導かれ、あまり深く考えすぎず運命に導かれるまま行動した結果、アメリカに渡り、スイスでノーベル賞受賞にたどりついた模様。

研究者の研究人生が、研究環境や上司・同僚の協力・引き立てにより、導かれているのが、この本を読むと良くわかります。

もっとも周囲の協力を引き出すには、利根川先生が能動的で出来る人と周囲に思われていたからであり、ただ待っていたら周囲が引き立ててくれた、といった簡単なものではありません。

引き立ててもらえた、協力してもらえたのは、利根川先生が何かきらりと光るものをもっていたからではないでしょうか?

著者の立花隆さんは、利根川先生の研究をなるべく平易に読者に伝えようと努力していますが、正直私は全て理解したとは言い難いです。

ただ、この輝かしい成果が、数えきれないほど多くの失敗、仮説検証作業により達成できたことはわかりました。

ノーベル賞受賞、その華々しい結果の前には、泥臭い仮説検証作業と実験の繰り返しがあるのだと理解しました。

そして多くの研究者が、サイエンスの基本原理に迫る研究でなく、枝葉末節の研究に終わることも・・・

利根川先生の知の冒険が、立花隆さんの膨大な下準備によりつまびらかにされる、読み応えのある1冊。

2回目の新型コロナワクチン接種を受け、体内で新型コロナウイルスのスパイクタンパクに対する抗体を作っている最中に読むにはふさわしい本でした。

膨大な研究をベースに、わずか1年で開発されたmRNAワクチンに感謝。

最後に著者の立花隆さんのご冥福をお祈りします。



ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【読書】「WHY BLOCKCHAIN なぜブロックチェーンなのか?」を読んだ感想

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

今年に入ってからビットコインを買い始めた影響で、ビットコインの基盤技術である、ブロックチェーンに興味を持ちました。

それが「WHY BLOCKCHAIN」を読もうと思った理由です。

S__4235276
ブロックチェーンは2017年の仮想通貨バブルで有名になりましたが、仮想通貨だけでなく社会を変える可能性のある思想であると筆者は言います。

今の社会は管理者のいる中央集権型の組織をベースに機能しているが、ブロックチェーンは管理者のいない個人が自立した分散型の社会を実現にする可能性があると。

この本はブロックチェーンを下支えする4つのIT技術や、ブロックチェーンによる課題解決が向く課題、向かない課題について詳しく書かれています。

2017年の仮想通貨バブルでブロックチェーンが注目され、当時何でもブロックチェーンが解決してくれるとの幻想があったようです。

しかし、ブロックチェーンによる課題解決に向いている課題と向いていない課題があり、それが本書のタイトル「WHY BLOCKCHAIN なぜブロックチェーンなのか?」に反映されたようです。

平易な文章で書かれており、ITオタクでない一般の方へのブロックチェーンの入門書としては良いかと思います。


以下、個人的な感想です。

①一気にブロックチェーンをベースにした分散型社会に切り替わるのは難しいかも


既存の社会が中央集権型の社会をベースに作られているため、すぐにブロックチェーンをベースにした分散型社会に切り替わるのは難しいだろうな、と感じました。

まずは地域の小さい課題をブロックチェーンで解決し、ブロックチェーンに対する信頼を積み重ねてから、徐々に大きい課題に適用していくことになるような気がします。

中央集権型社会で既得権益を得ている人達は抵抗するだろうし、法律とか社会のルールが中央集権的システムの元でがっちり作られてるし。

なので、法律とか社会のルールをブロックチェーンが機能するように変えないと、大きな課題をブロックチェーンで解決するのは難しいでしょうね。

この辺りは筆者も指摘しているところなのですが、私もまったくその通りだと思います。


②ブロックチェーンが目指す分散型社会は自立してない個人には厳しいかも


私たちは知らず知らずのうちに中央集権型の社会に適合するように教育・後押しされています。

なので、ブロックチェーンが実現する管理者がいない、自立した個人がつながるシステムに適応できない人が多く出そう、と思いました。

ブロックチェーンが実現する分散方型の社会は、より個人が自分の特徴やできることを理解し、自分で自分を売り込んでいく社会になりそうな気がします。

そういうのって、今まで管理者の下で粛々と言われたことをすることに慣れている人には結構厳しいのではないかと思います。

一方、意外と環境が変われば今のシステムで割をくっている若い人から新しいシステムに順応して、サッサと行動変容していくのかもしれない。

旧世代の人は、状況の変化を察知して意識して行動を変えていく必要がありそうです。

自分からSNSで意見を発信することから始めてみるとか(笑)

いずれにしても、ブロックチェーンが大きな可能性を秘めた全く新しい仕組み・思想であることに変わりはないので、もし本書に興味があれば読んでみてくださいね。


ここまでお読みいただきましてありがとうございました。


では、またね。(*・ω・)ノ

読者登録お願いします♪



ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【読書】「死ぬ時に後悔すること25」を読んでみた

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

今日は久しぶりに読書に話です。

「死ぬ時に後悔すること25」という本を読みました。
IMG_6150
読んだ動機は、単純に「人は死ぬ時に何を後悔するのか知りたかったから」。

著者は緩和ケアを専門にしている医師で、多くの方が亡くなる前に後悔していることを聞いてきたそうです。

著者の大津先生によれば、人が死ぬ時に後悔することは、いくつかのパターンがあるということ。

多くの方が死ぬ時後悔することを事前に知ることができれば、それを実行することで後悔しない人生にできるのでは?と考えたのが、本書を読んだ動機です。

25個すべては紹介できないので、特に心の残ったものをご紹介します。

①自分のやりたいことをやらなかったこと


世の中の常識に縛られて、やりたいことがやれていない人って多いのではないでしょうか?

私は、割とやりたいことをやっているように人からは見られるのですが、本当に全部できているかな?と自分では思います。

特に若い時は自分に自信がなかったこともあって、自分がやりたいことより親の希望や世間体に左右されることが多かったような気がします。

でも本当に自分がやりたいことがわかるのは自分だけです。

自分の胸によく聞いて、本当に自分がやりたいことをやっていこうと思いました。

②行きたい場所に旅行しなかったこと


旅行が趣味なので、行きたいところに行っているように人には見られるのですが、これも自分の中ではやり足りないことです。

行きたい、と思ったところには直感を信じて行くようにしているのですが、まだまだ足りないような気がします。

80代の父が言うには、年齢を重ねると段々いろんなところに行く気力がなくなっていくそうです。

そう聞くと、年齢を重ねる前に、できるだけ行きたいところに行かなくちゃ、という気持ちになります。

これからも、自分の直感を信じて、いいな~と思った場所には積極的に行くようにしたいです。

③愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと


愛する人と限定しなくても、身近な親しい人に感謝の気持ちを込めて「ありがとう」と惜しみなく言葉をかけたいと思いました。

著者が男性のためか、奥さんや恋人を想定して書いているように思えました。

日本男性(特に年配の方)が、パートナーに「ありがとう」ということはあまりなかったからではないかと思います。(一般論として)


本全体を読んだ感想として、著者が男性の為、男性患者が言いがちな後悔が多いように感じました。

例えば「自分が一番と信じて疑わなかったこと」という章は、成功した男性経営者や企業トップの後悔として書かれているようでした。

そうした点で、女性の私にはちょっとピンとこない後悔もあった、というのが正直な感想でした。

できれば同じテーマで女性が著者の本を読んでみたいと思いました。

また別の、女性ならではの視点から見た後悔が出てきそうな気がします。

まとめ:男性の方に特に参考になりそうな後悔が記載された本でした。女性も一部参考になるかも。



ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

読者登録お願いします♪



ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

このページのトップヘ

見出し画像
×