カテゴリ

カテゴリ:iDeCo

【iDeCo】SBI証券iDeCoセレクトプランに移行することにした

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

ウメイロはSBI証券で2014年からiDeCoしてるのですが、その当時は1種類しかなかったプランが最近もう1種類あることに気が付きました。

もう1種類のプランは「iDeCoセレクトプラン」で、2018年頃新設されたようです。

「iDeCoセレクトプラン」は今入っている「iDeCoオリジナルプラン」よりお得そうなので、プラン変更をしようかと考えています。

今回はSBI証券のiDeCoプラン変更について書いてみたいと思います。

iDeCoセレクトプランの何が良いの?

9fd7fdcaab24f95f07761b7dd6b0e53c_m

色々調べたらiDeCoセレクトプラン内の投資信託の方が、同程度の内容の投資信託であっても信託報酬が安いようなのです。

例えば先進国株に投資する「DCニッセイ外国株式インデックス」(オリジナルプラン内)の信託報酬は0.2%程度ですが、同様の内容の「ニッセイ外国株式インデックスファンド」(セレクトプラン内)は0.11%程度らしいです。

同じような先進国株インデックスファンドに投資するのであれば、信託報酬が安い方が長期的な運用成績は良くなるはずなので、セレクトプランに移行することにしました。

オリジナルプランからセレクトプランへの移行は無料でできるそうです。

iDeCoセレクトプラン移行時のリスク

ただ問題がひとつあります。

オリジナルプランからセレクトプランに移行する際に、一度今持っている投資信託を全部現金化しなくてはなりません。

自分で元本保証商品に預け替えをせず、移管申込書をSBI証券に送ると、SBI証券が任意のタイミングで現金化し、プラン移行をするそうです。

ネットを検索してみたところ、この現金化作業を自分でせず、SBI証券任せにしたために、損益がマイナスのタイミングで移行されてしまった、という体験談がありました。


うーん、これはプラン移行のタイミングを間違えると損することになりかねません。
 

iDeCoセレクトプランへの移行を決断した3つの理由

上記リスクのある中、セレクトプランへの移行を決めた理由は3つあります。

①株式市況が好調でiDeCo内の損益がプラスであること

②来年は手数料年払いに移行するため、掛金が来年12月まで引き落とされない

③セレクトプラン投資信託の信託報酬が安いのはやっぱり魅力


②について補足すると、プラン移行が完了するまで、2-3か月掛金の引き落としができないらしいです。

もし来年従来どおりの掛金月払いであれば、2-3か月掛金をiDeCo口座に入金できなくなっていたはず。

そう考えると、掛金を年払いに移行する2019-20のタイミングは、プラン移行の絶好のチャンスとも思えました。

手数料削減のために掛金を年払いにした経緯はコチラから。


3つの理由の中で最大の理由は?

そして何といっても①の理由が一番大きい。

今市況が良く、損益プラスになっているこのタイミングで移行できるのは、本当に運が良いです。

マイナスになっていたら、損を確定してまでプラン移行するメリットはありません。

もちろん、現金化した後さらに市況が良くなり株価が上がった場合は、機会ロスという損があるのかもしれません。

でもこの先の市況がどこでピークアウトするかなんて誰にもわからないし、今そこそこプラスになっているので、あまり欲をかかずに自分の手で現金化→プラン移行することにしました。

この決断は吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、やってみることにしました。

良いタイミングで今のiDeCoの投資信託を現金化できれば良いのですが・・・


では、またね。(*・ω・)ノ

読者登録お願いします♪

20代30代の若手はNISA、iDeCoをどう使えばよいか?

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

以前20代の頃どのように投資を始めたかを書きました。

その当時はNISA、iDeCoといった税制優遇制度は無かったので、使うことはできませんでした。

もし自分が今の時代に20代30代だったら、どのように行動して制度を利用するのが一番よいか?を順序だてて書いていきたいと思います。

a1644ebd9dfacf8865bab78d34e2d851_s

1.生活防衛資金をためる

まず、何かあって働けなくてもしばらくは生活できる額の生活防衛資金を貯めます。これは給与手取り額の3か月分~1年分あれば十分です。

生活防衛資金がたまるとかなり精神的に楽になります。

資金額が大きくなったら、いつでも取り崩せる短期のネット定期に入れて運用すればよいでしょう。

ネット定期は金利が良いし、いつでも解約できるので、どうしても必要な時は解約して使えます。
 

2.つみたてNISAをはじめる

生活防衛資金がたまったら、つみたてNISAを始めます。

つみたてNISAは年40万円まで投資できて、最長20年積み立てることができます。

いつでも解約して利用することができるので、まだ人生プランの定まっていない若い方でも利用しやすいです。

また、つみたてNISAは金融庁が長期投資向きの対象商品を選択しているので、投資初心者でも安心して投資を始められます。

あらかじめ手数料の高いぼったくり商品が排除されているのが良いところです。

つみたてNIISAを使って毎月3万円の定額投資をすれば、自然とドルコスト平均法で長期の積み立て投資ができる仕組みです。

これから長い時間をかけて投資していく若い方には良い制度だと思います。 

3.資金に余裕があればiDeCoをはじめる

働き続けていると昇給して余裕がでることもあります。

上記条件を満たした上でまだ余裕があれば、iDeCoを始めることをお勧めします。

iDeCoは60歳まで引き出すことができないため、覚悟をもって始める必要があります。

iDeCoに積み立てる資金は所得税控除になるので、つみたてNISAよりも毎年確実に節税できます。
(つみたてNISAは運用益が非課税になるだけ)

例えば所得税額20%の方であれば、積立額の所得税率20%、住民税率10%が節税できます。

例:毎年27万6千円積み立てている場合。
276,000円×(所得税率20%+住民税率10%)=82,800円

毎年約8万円節税できたら大きいですよね。友達とちょっとした旅行に行くこともできます。 

4.一般NISAはどうなの?

つみたてNISAとは別に一般NISAという制度もあります。

一般NISAは年間120万円まで積み立てることができますが、2023年で終了になる可能性のある制度なので、長期投資が可能な若い方にはつみたてNISAをお勧めします。

一般NISAとつみたてNISAは片方しか選べないので、若い方はつみたてNISAを選択した方が良いと思います。

5.まとめ:20代30代の資産運用

実施の順番としては、以下がよいと思います。
①生活防衛資金
②つみたてNISA
③iDeCo

今は様々な税制優遇制度があって本当にうらやましいです。

使わないともったいないので、ぜひ積極的に活用することをお勧めします。

今回は、もし自分が今20代30代の若者だったらどうするか?という視点で書かせていただきました。

ひとりの投資経験者としての意見です。

投資は自己責任で、よく自分で調べてから始めることをお勧めします。

参考になればうれしいです。


では、またね。(*・ω・)ノ

↓読者登録お願いします!

iDeCoするとよい人って?

カテゴリ:
ウメイロです。

最近iDeCoって、やったほうがよい人とやめといた方がよい人がいることに気がつきました。
どんな人がiDeCoすると得なのでしょうか?
21a3ce5ac2d1b388207fc37bcafe87e2_s

ウメイロが考えるiDeCoすると得な人、すると良い人の条件をあげてみますね~

1.所得税率が高い人

iDeCoのメリットは掛金が所得控除になることです。
であれば所得税率が高い人の方がメリットが大きくなります。
所得税は、その方の年間の所得額により、5%から45%まで幅があります。
であれば、5%所得税を納めている人より45%所得税を納めている方の方が、iDeCoをすると節税できることになります。

仮に掛金月2万円の方がいるとして、年間に節税できる所得税額は、所得税率5%の方が1万2千円、45%の方が10万8千円となります。所得税率が高い人ほど、節税できることになります。

2.ある程度生活資金に余裕がある人


iDeCo口座に入金した掛金は、60歳まで引き出すことができません。
であれば、iDeCo外口座にも生活防衛資金がある方が始めたほうが良いと思います。
生活がかつかつの方が始めると、生活資金が足りなくなってもiDeCo口座から引き出すことができず、困ったことになります。

3.iDeCo口座での運用期間が長く取れる人(15年以上できれば20年以上あると安心)

iDeCoの運用益に非課税メリットを享受するには、iDeCo内で長期運用できるほうが有利になります。先進国株のインデックス投資であれば長期運用すれば運用益が増える可能性が高くなりますが、短期運用だと始めた時の景気やトレンドに左右される可能性が高いです。


上記1-3に当てはまる方って、ざっくりしたイメージですが、以下のような方でしょうか。

・継続した所得のある方(所得税率20%以上ぐらいだとお得感がでやすいかな)
・始める年齢が35歳-45歳ぐらい
(あまり若いと生活カツカツでライフプランも固まってないような気がします)

逆にやめといた方がよい方は、上記1-3の条件に合わない方ですね。
1.所得のない方、または所得税率の低い方
2.生活資金に余裕のない方
3.運用期間が長く取れない方

iDeCoは新社会人といった若い方にはあまり向かない制度かもしれませんね。そのぐらいの年齢って後から学校通ったり、まだまだ自己投資にお金をかけたい年齢だし、自己投資したほうがリターンも大きそうだし。

あとは50歳以上の退職予備軍もiDeCoを始めるのはやめたほうが良さそうです。所得税率が高ければ節税目的でありかもしれないけど。

その方の状況次第なので何とも言えませんが、iDeCoを検討されている方は、始めることが本当に自分にとってメリットがあるのか?を状況を見てシビアに検討することをおすすめいたします。

一人のイデコ利用者の個人的な感想です。参考になればうれしいです。。


iDeCoの手数料:コストを考えると積極運用が必要

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

先日iDeCoするなら少しはリスクとって運用することをおすすめする記事を書きました。


今日はどうしてiDeCo口座で積極的に運用する必要があるのかを、コスト面から説明したいと思います。
9fd7fdcaab24f95f07761b7dd6b0e53c_m
なぜ、イデコは運用が必須なのか?
運用が非課税になるメリットを最大限活用するため以外にも理由があります。
それは、毎月事務手数料が引かれるからです。

ウメイロのiDeCo口座管理の事務手数料画面を見ると毎月以下のコストがかかっています。
  • 国民年金基金連合会手数料  103円
  • 事務委託先金融機関手数料  64円
  • 合計             167円
上記以外にも、iDeCo口座を開設するとき、2,777円の費用を国民年金基金連合会に払う必要があります。(これは口座開設時の1回のみです)

毎月費用がかかることを考えると、わざわざiDeCo口座を開設して、普通預金や定期預金といった低金利のほとんど増えない商品を購入するのは意味がないと思います。

よくイデコは毎月5,000円の掛金から始められるという話を聞きますが、この場合コストを除くと口座内の入金金額は実質4,833円になります。
  • 毎月の掛金     5,000円
  • 毎月のコスト       167円
  • 毎月口座に入る金額 4,833円
イデコ口座に入れるだけで掛金の約3%が無くなるのはあまりにももったいないです。

掛金額に関係なく固定費でコストはかかります。であれば、iDeCoを始めるなら、掛金をできるだけ多く設定し、口座内で積極運用して増やさなければ意味がないと思います。
(ただし運用期間が10年を切っている方は、積極運用から徐々に安全運用に移行する必要があるかもしれません)

ちなみにウメイロは、掛金額を今の自分に可能なMAXの掛金額に設定しています。

ちまたで推奨されているiDeCoですが、iDeCoは「したほうが良い人」と「やめといた方がよい人」に分かれる投資法のような気がしてきました。今度このあたりについても書いていきたいと思います。

では、またね( ´_ゝ`)ノ


iDeCoの出口戦略ー最後の10年は何にどれくらい投資すべきか?

カテゴリ:
なんとなくダルくて仕事に集中できないウメイロです。

先日iDeCo口座では運用益に課税されないため、多少リスクのある資産も購入してみては?という記事を書きました。


ただ、運用期間が10年を切っている方は、少しずつリスク資産を減らしていくことも検討した方がよいのかもしれません。
bde248d8cd28449909f4ca870b1decca_s (1)

60歳以降になり、iDeCo口座の資産を使おうとしたら、のきなみ不況で運用益マイナスだったらがっかりですよね。

そう考えると、運用期間10年を切った段階でリスク資産を多くお持ちの方は、徐々に安全資産に切り替えていくのも必要な気がします。

iDeCo最後の10年をどうするのがベストかは、ウメイロも未知の世界。自分が経験していないので、はっきりしたことが書けません。

既にiDeCo受け取り状態になっている方がいらっしゃれば、最後の10年をどうしたか、もしその当時に戻れるならどうしたいか、お聞きしてみたいものです。



 

このページのトップヘ

見出し画像
×