カテゴリ

カテゴリ:投資

【投資】金ETFGLDからGLDMへの乗り換えやめた:税金高すぎ

カテゴリ:

先日、金ETFのGLDからGLDMへの乗り換えを検討中とブログに書きましたが、


よく考えると利益の出ているGLDを売ると税金がかかるので乗り換えしないことにしました。

利益が出てなくて+-0、または損益がマイナスの場合、乗り換えは有りですが、

大幅に損益プラスだったら乗り換えしない方が有利な気がする。

GLDを売って譲渡益プラスになると、たんまり税金を持っていかれるので、

しばらく経費率の高いGLDのままで運用し続けるしかないですね。

こうして考えると税金ってスゴイ投資の足かせになるな、と感じます。

どこかに譲渡益を課されない国がないかな、と考えてしまいます。(やらんけど)

私たち一般庶民に出来ることは、税金がかかりにくいNISA口座とiDeCo口座を使い倒すことだけです。

最近NISAばかりが注目されいてiDeCoの影が薄いですが、

iDeCoも老後資金を作るには有効なツールです。

なんたって掛け金が所得控除になるし、60歳以降に引き出す時も退職所得控除が使えます。

おトクなのが分かりにくいからiDeCo流行らないんだろうな。

おっと、最初のトピックからずれちゃいました。

とにかくGLDの乗り換えは中止することにしました。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【投資】金価格高騰:GLDからGLDMに乗り換え検討中

カテゴリ:
最近金価格が高騰してますね。
スクリーンショット 2024-04-23 124752
米国に上場している金ETF、GLDの株価は1株215ドルまで高騰しています。
スクリーンショット 2024-04-23 100140
(ブルームバーグのGLD5年チャートから転載)

5年前は1株120ドルだったのに。

実は10年前ぐらいからGLDを少しずつ購入したたのですが、

ここにきてGLDの資産額が2倍ぐらいになっています。

10年前にGLDを購入し始めたのは「これから金が上がるぞ!」と思ったわけではなく、

単に株とは違う動きをする資産を持った方が、全資産の値動きがマイルドになるかな?と思ったから。

金は有事に強い資産として知られており、最近のロシアのウクライナ侵攻やイスラエルとガザ地区との紛争、

そして最近のイスラエルとイラク間の紛争もあり金価格が急騰しているようです。

最近の戦争・紛争などの結果、10年前からGLDをぽちぽち買っておいてよかった、という状況になっています。

この金ETFのGLD、金をお手軽に保有するには便利なのですが、欠点は経費率が高いこと。

なんと経費率0.4%もあります。

最近気が付いたのですがGLDと同じステート・ストリート社が保有する金ETFにGLDMがあります。

(ブルームバーグによればGLDFの設定年は2018年となっています)

GLDMは経費率0.1%でGLDよりも安く、購入単位もGLDより小さいため個人投資家にも買いやすい価格設定になっています。

(2024年4月23日現在、GLDが1株251ドルに対しGLDMが1株46ドルぐらい)

ちょうどマネックス証券の「米国ETF買い放題プログラム」にGLDMが新規追加され、

購入手数料が0になったのでこの機会にGLDからGLDMに買い替えようかな、と考えています。


GLDからGLDMに切り替えることにより経費が年間0.3%削減できるので、

一時的に売却手数料がかかっても長期的には乗り換えた方がおトクかなと考えています。

金ETFは売却せず長期で持ち続ける予定なので、経費が少しでも安くなればコスト削減できそうです。

今回はちょっとマニアックな金投資の話でした。

最近の金の高騰を受けて金投資が少し話題になっているようなので、ご紹介してみました。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【投資】成長投資枠で年初一括投資したオルカンの今:2024年4月3日時点

カテゴリ:

新NISAの成長投資枠240万円に年初一括でemaxisSlim全世界株(オール・カントリー)

通称
オルカンに投資しました。

その時の経緯はコチラから↓


で、2024年4月3日現在の成長投資枠の結果は約+36万円になりました。

円安と米株高のダブル効果と思われます。

S&P500連動インデックス投信に投資した方はもっとプラスになっていることでしょう。

今現在の結果であって今後どうなるかは分かりません。

この先10年20年、どこかのタイミングで-30%、-40%になる可能性は十分あります。

実際リーマンショックの時は5年間ぐらいずーっと激しくマイナスでしたが、

それにもめげずに毎月定額で追加投資し続けたらある日突然プラスに転じ、

その後ぐんぐん成長していきました。

株式投資ってそんなものです。

良い時ばかりじゃない。

逆に良い時ほど悪い時の事をイメージしておいた方がいいです。

市況が悪くなってもずーっとホールドできるか、マイナスでも毎月自分が決めた額を追加投資できるか?

が結構大事です。

株式投資は心理戦なので、自分の心に無理のない金額ですることをお勧めします。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング


【投資】確定申告の還付金が入金された:還付金で草津温泉旅行へ

カテゴリ:

先日確定申告したとの記事を書きました。


この度その確定申告による還付金が無事入金されました。

確定申告は毎年面倒な作業なのですが毎年還付金はうれしいプレゼント。

これがあるので毎年面倒でも在宅バイト感覚で確定申告しています。

確定申告をがんばった自分へのご褒美として、

自分に草津温泉旅行をプレゼントすることにしました。

少し前にYahooの記事で草津温泉行の高速バスがあることを知り、

このバスに乗れば簡単にお安く草津温泉に行けることが分かりました。

さっそく高速バスの予約をし、お宿はお手頃価格の旅館を楽天トラベルで予約しました。



最近旅行していなかったので楽しみです。

群馬県の草津温泉に行くのは初めてです。

お湯がスゴく熱いらしいので、ぬる湯好きの私は長く入れるか??ですが、

温泉街を観光しがてら一泊旅行することにしました。

確定申告の還付金を原資に草津温泉旅行に、行ってきま~す♪

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【投資】楽天証券の投信クレカ積立上限額が月10万円に増額:4月積立て分は3/12までに設定

カテゴリ:

楽天証券の投資信託クレジットカード積み立ての上限額が月10万円に増額されました。

ネタ元はこちら。


楽天証券に限らず、SBI証券、マネックス証券といった主要ネット証券は全て投信クレカ積立額を月10万円に増額するようです。


楽天証券が一番早くクレカ積み立て増額方法を具体的に伝えるサイトを立ち上げてくれたので、

とりあえず私は楽天証券のクレカ積み立て額を10万円に増額しました。

クレカ積立の金額変更はめちゃ簡単でした。

既に毎月5万円クレカ積立を実施していたので、その設定ページを開き、

この「変更」ボタンを押して変更ページを開き金額を変更するだけ。
スクリーンショット 2024-03-10 203129-1
(1Pt分楽天ポイント投資しているので99,999円の設定になっています)

これで全ての作業が完了しました。

今までクレカ積立て分として楽天ポイントを毎月250ポイントもらっていたのが、

4月以降500ポイントもらえることになります。

4月積み立て分の金額変更は3月12日までなので、4月に金額変更希望の方は早めの対応をお勧めいたします。

クレカ積立金額の増額はもう少し時間がかかるかと思っていましたが、意外と早く実現しましたね。

新NISAの積立投資枠が120万円(月10万円)なのが、クレカ積み立て10万円の増額実現を後押ししたのかな。

楽天証券をはじめとしたネット証券の方々の素早いお仕事に感謝です。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング




このページのトップヘ

見出し画像
×