カテゴリ

カテゴリ:日常

【読書】「つけびの村」:限界集落の殺人事件を背景にある「うわさ」から読み解く

カテゴリ:

ゴールデンウィーク中に興味深い本を読んだのでご紹介します。

「つけびの村」、限界集落で起きた殺人事件を追った話です。

①「つけびの村」の内容

IMG_9048
12人しか住人がいない山口県の限界集落で5人が撲殺された後、家に放火される事件が起こった。

捕まった犯人は同じ集落の住民で、妄想性障害から他の住人達からうわさされ嫌がらせを受けていると思い込み犯行にいたった。

何ともショッキングな事件である。

同じ集落の住人12人のうち5人が殺され、1人が犯人、残った住人は6人なのだから。

閉鎖的な村社会の中で一体何があったのか?

著者の高橋ユキさんは犯人に面会し事件について聞き出そうとするが、犯人は妄想性障害が進行しており、事件の核心にせまるような話は聞き出せなかった。

同時に著者は事件があった集落に通い、残った住人の証言を集め、

事件の背景にあった「うわさ」がどのようなものであったのかを丹念な取材を元に明らかにしようと努めている。

②「つけびの村」を読んで感じたこと

本書の中で、集落内で人間関係の「うわさ」はあったものの、そこまで攻撃的なうわさであったとは書かれてないように感じた。

その一方で個人的に感じたのは、うわさしつつ情報交換することが人間の根強い性質であり、誰も狭い集落の中でうわさからは逃れられないということ。

当たり前のことではあるが人間は社会的な動物であり、

学校、会社、地域など閉じられた人間関係の中で人は人のうわさをしてしまう。

誰かと会ったらたわいもない話をして情報交換してしまう。

誰かと会った時むっつりと黙っていたらそれこそ自分がうわさのタネになってしまう。

人間関係を円滑に保つ上である程度のうわさは仕方がないもののように思われた。

取材の中で明らかになるうわさ話の中にひどく悪質なうわさは認められないように思えた。

(残された住人が保身に走り話していない可能性も無くはないが・・・)

ただ、都会からUターンで故郷に戻り妄想さいなまれた犯人には、自身が不当にうわさされ、

いじめられていると感じてしまったのかもしれない。

こうした閉じられた構成人数の少ないコミュニティーの中で、人はどうしても疑心暗鬼になりやすい。

自分も小さめのコミュニティーの中で疑心暗鬼になってしまった経験が過去にあるので、

なんとなく孤立してしまった犯人の気持ちも分からないでもなかった。

狭いコミュニティーでは一度悪いサイクルにはまると逃げ場がない。

そのサイクルにはまりたくないがために、人は集まるとうわさをして自分の集団の中でのポジションを確認・確立しようとする。

ひとりひとりの「人」はそれほど悪意はなくとも、人々が集団になりうわさ話を始めると、

思いがけなく孤立した人を追い詰めてしまう可能性がある、と本書を読んで感じた。


「つけびの村」、なかなか興味深い本だったのでもし興味があれば読んでみてくださいね。



ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【節約】ゴールデンウィークはおうちで大掃除

カテゴリ:

世の中はゴールデンウィークですが私は毎年おうちで大掃除しています。

なぜゴールデンウィークに大掃除をするかと言うと、

ゴールデンウィークの方が年末より気温が適温で、ベランダ掃除など外の掃除が快適にできるから。

さらにゴールデンウィークの方が年末より気温が高く、家の中でも暖房を使わずに快適に掃除できます。

逆に家にいると暖房・冷房を使いがちな年末や夏休みは、少しピークをずらして旅行を楽しんでいます。

この方が家で使う光熱費を抑えることができます。

最近は光熱費が高騰しているのでなおさら効果的です。

大掃除は年末にするものという固定観念を捨てると、光熱費が節約できて、適温で体にも優しい大掃除ができそうです。

ということで、GW初めから大掃除中。

先日の週末はベランダの掃除と外側の窓ガラス磨きをしました。
2015-3
今日は通気口のフィルター掃除と照明の掃除をしようと思っています。

両方とも1年近く掃除していないので埃がたまっていそう。

普段掃除しなさそうなところを入念にお掃除します。

ゴールデンウィークをどう過ごすかは人それぞれで正解はありません。

あくまでも私はGWをこう過ごしているよ、という一例でした。

皆様も良いGWをお過ごしくださいね。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【日常】バラが安かったので買ってみた:GWはおうちで

カテゴリ:

近所のスーパーでスプレーバラを安く売っていたので買ってきました。
IMG_9011
なんと税込み330円。

値段のわりにはかなりボリュームがあり、花が13個もついていました。

花と葉のバランスも良いです。
IMG_9019
これから咲くつぼみもついてる。

最近は物価値上げが激しいのに、なんでこんなに安く売っているのか不思議なぐらい。

もしかして古いお花ですぐ枯れちゃうのかな?

物価が高いとお金は食料購入にまわり、ぜいたく品の花は売れずに値崩れしたのでしょうか。

今バラの花が旬だからというのもありそうだけど、

いずれにしても安いお買い物でした。

バラの花もちの良さに期待して、ゴールデンウィーク中目を楽しませてくれたらうれしいな。

さてどのぐらいもつでしょうか?

ゴールデンウィークは家でゆっくりするつもりです。

皆さま、良いゴールデンウィークをお過ごしくださいね。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

海外で日本人が日本人に騙されるは意外とあるある:大谷翔平選手の窃盗被害について

カテゴリ:

このテーマについて書こうかどうしようか悩んだのだけど、

今後海外で活躍する日本人の若者の参考になればと思い書いてみることにしました。

最近野球選手の大谷翔平さんが専属日本人通訳から窃盗被害にあったことが報道されました。
sagishi_man
この海外で日本人が日本人に騙されるというのが盲点なんだけど意外とあるあるらしいです。

(以下、海外生活が長かった友人から聞きました)

英語が苦手な日本人が海外に行くと、まず英語など現地語でのコミュニケーションで難儀します。

さらに文化の違いやら治安の悪さなど日本と全く異なる環境の中で、仕事や学業のプレッシャーにもさらされる。

何をするにも日本でするようにとんとん拍子では進まない。

現地語での会話に不安があり周囲にもなじめず孤独感にさいなまれる。

そんな中で日本語でコミュニケーションできる日本人に会うと必要以上にその人に依存してしまうことがあるらしいです。

その相手が現地の生活に精通していて現地語にもたけている場合、

現地での生活をナビゲートしてくれる相談相手として、

相手を必要以上に頼ってしまい何らかのトラブルに発展する場合があるらしい。

もちろん海外で本当に善意の日本人に助けてもらえることもありますが、

金銭管理や契約関係などはプロを雇うにしても自分である程度は確認する必要があります。

さらにその国で今後もやっていこうと思う場合、出来る範囲で良いので現地語を習得する努力が必要です。

今回の事件は若い大谷選手には大きな代償だったと思いますが、不幸中の幸いだったのはご結婚されて今は奥様がそばにいること。

今後は本当に信頼できる生涯のパートナーと二人三脚で海外生活を楽しんでいければ良いな、と思います。

日本は比較的治安が良いので何となく生活できてしまうところがあるのですが、

海外では大人としてしっかり自分の頭で考えて行動することが求められる。

ちゃんと自己管理しないと想像もしないようなトラブルに巻き込まれる場合があるらしいです。

相手が日本人であれ現地の人であれしっかり人を見る目を養いたいものです。

この経験を糧に大谷選手がアメリカでさらに活躍されることを祈りたいと思います。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

映画「オッペンハイマー」は事前に予習が必要

カテゴリ:
久しぶりに映画館で映画を見てきました。
IMG_8938

「オッペンハイマー」。原子爆弾開発プロジェクトを率いた理論物理学者の物語。

原子爆弾を落とされた国、日本の人としては見るのがためらわれましたが、

アメリカ映画が原爆投下についてどう描くのかに興味があり見てみました。

映画は原爆投下よりも、オッペンハイマーという人物の人となりを描き、

原爆開発プロジェクトに関わることになった経緯、

そして原子爆弾投下後の称賛と後の赤狩りによる不遇が描かれていました。

映画は時系列で進まず、過去や未来が交互に出てきたりするので、話を追うのが難しいです。

なので事前に予習をしてから見た方良いかもしれません。

ネットやYoutubeに映画「オッペンハイマー」の解説がUPされているので、事前に見ることをお勧めします。

そうしないと原爆投下後オッペンハイマーがなぜ赤狩りで追及されていくことになるのか、

そのあたりの人間ドラマが分からず映画が十分に理解できないように感じました。

日本人は特にこのあたりのアメリカの時代背景が分からない人が多いかも。

私もよく分かってませんでした。

原爆の悲惨さが映像で描かれることはありませんが、

原爆投下後にオッペンハイマーが称賛される中で、内心原爆がもたらした結果について深く苦悩している様が表現されていました。

このあたりの音と映像の使い方がオッペンハイマーの内面を良く表していて本当に怖かったです。

最初の原爆実験が成功するまでの描き方も怖かった。

実験自体が初めての事で予想できない大惨事になる可能性もあり怖かったのもありますが、

この実験が成功するとその後どんな未来が待ち構えているか知っているだけに心が痛みました。

多分この辺りは日本人と多くのアメリカ人で感じ方が全然違うんじゃないかな。

太平洋戦争が終わった後、アメリカは水素爆弾の開発を進めようとしますが、

オッペンハイマーはこれに反対し、次第にプロジェクト中枢から外され、

自身の関係者に共産党に関わりがある人が多かったことや、

オッペンハイマー本人も共産関係者の集りに出ていたことから、

赤狩りの渦に巻き込まれていきます。

この辺りでは政府中枢の人々、関係科学者を含めた人間関係のドロドロが描かれます。

天才物理学者といっても結局は政府の思惑を進めるための持ち駒のひとつだった感が否めません。

こういうのを見ると人間の集団って本当に怖いなと感じます。

重苦しくて後味の悪い、でも考えさせられる映画ではありました。

この重いテーマを映画興行的に成功させつつ、深い内容も入れ込むことに成功しているクリストファー・ノーラン監督の手腕に感服しました。

広島・長崎の惨状を描いていないとの批判もあるようですが、

何も表現せず何も考えさせないよりは、少しでも映画表現を通じて原爆投下について理解を深める一助にはなったと思います。

そういう点では意味のある映画だった。

チキンの私には刺激が強すぎて怖かったけど。

以上、一般人の率直な「オッペンハイマー」の感想でした。

(映画の内容が難しく正しく理解できずに、もしかしてズレた感想を書いていたらごめんなさい)

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング








このページのトップヘ

見出し画像
×