カテゴリ

カテゴリ:節税

【節税】iDeCoは自己破産しても差し押さえられない

カテゴリ:
以前、iDeCoは自己破産しても差し押さえられない、と聞いたことがあり、本当にそうか調べてみました。

参考にしたのはコチラのサイト。



大手税理士法人のサイトなので、おそらく間違ったことは書いていないのではないかな?

まとめるとこんなことがかかれています。

・iDeCoは確定拠出年金法のもとで、税金の滞納処分以外では差し押さえられない差し押さえ禁止財産と規定されている

・運営機関である信託銀行は、信託法という厳しい法律の下で運営されており、信託銀行が破綻してもiDeCoの資産は守られる

・万が一の時(死亡や障害状態の時)には60歳前でも資産を引き出すことができる


iDeCoは節税できる上に、老後資産を置いておくには安心できる「箱」だということがよくわかりました。

60歳まで引き出せないことも、流動性が悪いととらえることもできますが、老後資金として確実に保管できる仕組みであると言うこともできます

自己破産する予定も見込みもないけど、引き続きiDeCoに老後資金を貯めていきたいと思います。

2022年のiDeCo改正で、iDeCoと退職所得控除枠を共有する退職金が過去20年さかのぼって適用されることで期間が長くなり不満でした。(以前は15年だった)

この件について、詳しくはコチラをご覧ください。


しかし、iDeCoが老後までしっかり資産が守られた上、節税できる有利な制度であることに変わりはないので、引き続き上手に活用していきたいと思います。

だた、iDeCoの出口戦略(卒業試験)は難しいです。

各自の状況をよく見極めて、早めに準備することをお勧めします。

コチラもお勧め!


ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【節税】自分のiDeCo通算拠出期間をSBIに聞いてみた:退職所得控除額の計算

カテゴリ:
先日、iDeCoの出口戦略、いつどのようにiDeCoを受け取るか決めるのが難しい、と言う話を書きました。


で、iDeCoの出口戦略を決めるのに重要なのが、iDeCoを老齢一時金でもらうための退職所得控除額を知ること。

iDeCoの退職所得控除額を知るには、iDeCoの通算拠出期間が必要です。

iDeCoの通算拠出期間を「勤続年数」として退職所得控除額を計算するらしい。

退職所得控除額の計算式はコチラから確認できます↓


私の場合、企業型DCで確定拠出年金を始め、企業型DCをiDeCo(個人型確定拠出年金)に移行して継続している経緯があったので、

企業型DCの期間がiDeCo継続期間に含まれるのか分からない、という問題がありました。

そこで、iDeCoをしているSBIベネフィットシステムズに聞いてみました。

問い合わせは、自分のSBIのiDeCo口座を開き、トップページの右上にある「お問い合わせ」から質問しました。

すると2日後に同アカウントのメールボックスに返信がありました。

回答は、、

企業型DCで確定拠出年金していた期間も、iDeCo通算拠出期間に含まれる、とのことでした。

会社の企業年金から企業型DCに切りえている場合は、企業年金の期間もiDeCo通算拠出期間に含まれるそうです。

担当者の方は、私個人のiDeCo通算拠出期間の記録を返信に記載してくださいました。

自分のiDeCo通算拠出期間が明確になったので、この情報を元にiDeCoの出口戦略が考えやすくなりました。

企業年金からiDeCoに移行するなどして、自分のiDeCo通算拠出期間が不明瞭な方は、SBIのiDeCo個人アカウントから問い合わせると教えてもらえるかもしれません。

この話が出口戦略に悩むiDeCo仲間の参考になればうれしいです。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【節税】iDeCoの落とし穴:一時金で受け取る場合20年以内に受け取った退職金と退職所得控除枠を共有

カテゴリ:
先日、ニッセイアセットマネジメント主催の竹川美奈子先生のiDeCoに関するオンラインセミナーを拝見しました。
3232
セミナーを拝聴していてびっくりしたのは、

2022年4月以降のiDeCoの改正で、

iDeCoを一時金で受け取る場合、20年以内に受け取った退職金と非課税控除枠を共有するということ。

どういうことかと言うと・・・

iDeCoを受け取る方法は2種類あります。

①退職金のように一時金で受け取る方法②年金のように分割で受け取る方法

一般的に、一時金で受け取った方が退職所得控除枠が大きく、節税効果が高いと言われています。

(各自のケースバイケースなので詳しくはご自身でお調べください)

で、2022年4月より前は、15年以内に受け取った退職金とiDeCoの受け取り金で非課税控除枠を共有する、となっていましたが、

それが2022年4月以降は、

20年以内に受け取った退職金とiDeCoの受け取り金で非課税控除枠を共有することになります。

つまり、60歳でiDeCoを一時金で受け取る場合、40歳から60歳の間に受け取った退職金はiDeCoの受け取り金と退職所得控除枠を共有することになり、

非課税でiDeCoを受け取れる額が大幅に減る可能性がある、ということなのでしょうか?

最近は転職が当り前になっており、さらに今後40歳から50歳以降にリストラで長く務めた会社を辞める人が多くでそうなので、

この20年規定に引っかかる人、結構いるような気がします。

自分も転職経験があり、この規定にひっかかるので、iDeCoどうやって受け取ろう?と真剣に悩み始めました。

20年規定にひっかからないように非課税でiDeCoを受け取るとなると、60歳以降かなり遅くに一時金で受け取るか、

または60歳から10年分割で年金の控除枠をできるだけ活用して受け取るか・・・

iDeCo受け取り前15年でも長かったのに、20年って・・・長すぎです、改悪です。

2022年のiDeCo改正って、受け取り期間が75歳まで延長になるとか、iDeCo利用対象者が増えるとか、

良いことばかりが宣伝されていますが、

40歳以降に退職金を受け取ると、出口で課税される可能性に触れているものはあまり見かけません。

今までは非課税のiDeCo口座にできるだけ多くの金額を拠出するようにしていましたが、

受け取り時に税金がかかり、自分はそれを逃れるのが難しいことが分かったので、

今後は拠出を止めて運用指図者になった方がいいのかな?と考え始めました。

(追記:運用指図者になると、退職金控除額に影響する勤続年数(iDeCoの場合iDeCo通算拠出期間)が期間としてカウントされないので、最適化した金額でiDeCoの拠出を継続することにしました)

iDeCoの出口戦略、50歳を過ぎたあたりからよく考えた方がいいと思います。

40歳以降で退職金を受け取った方は、その時点から考え始めた方がいいです。

一番トクなのは、65歳まで一つの会社で長く働いた人が、65歳で退職金をもらい、

iDeCoは60歳で一時金でとして全額受け取る事。

こんな恵まれた人、日本の中にどのくらいいるのでしょうか?

オンラインセミナーの中で竹川先生が注意点としておっしゃっていたのは、

退職金の源泉徴収票を無くす人がいるので、忘れずに大事に取っておきましょう、ということ。

確かに、退職所得控除額の計算に退職金の源泉徴収票が必要です。

探さなきゃ、というか、すでに無くしているような気がする。

そんな場合、どうしたらいいんだろう。。

(追記:退職金の源泉徴収票は、勤めていた会社の人事に連絡して再発行してもらいました。時間がたつほど頼みにくくなるので、無くした方は早めに再発行してもらった方がいいかも)

オンラインセミナーを聞いてからモヤモヤが止まりません・・・

iDeCoの卒業試験、難しすぎる。

iDeCoの退職金20年問題の解決策に役立つ記事を見つけました↓


同じお悩みを持つ方の参考になればうれしいです。

コチラもおすすめ。




ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

確定申告完了:e-Taxマイナンバー方式(2次元バーコード)は簡単だった

カテゴリ:
先日、今年から新たに導入された「マイナンバー方式(2次元バーコード)」で確定申告準備をしている話を書きました。


ようやく申告書の準備が整い、上記方式で確定申告書を送信することができました。

送信方法は拍子抜けするぐらい簡単でした。

マイナンバーカードで電子署名を行い、さらにマイナンバーカードで認証して送信する。

ただ、それだけでした。

マイナンバーカード方式(2次元バーコード)で確定申告をしてみて感じたのは、

確定申告書を作成する前の準備が少し面倒だったというだけで、他は簡単でした。

最初はスマホにマイナポータルアプリを入れたり、登録作業をしたり、少し面倒でした。

しかしその後は、通常の確定申告作成コーナーの画面で申告書を作成し、所定の手順に従って送信するだけなので簡単でした。

従来の「印刷して郵送」方式だと印刷・郵送の手間がかかり、自宅にプリンタがないため印刷費用と郵送費がかかりましたが、その費用がかかりません。

めっちゃ簡単でした。

マイナンバーカードを作って初めて便利だと感じました。

もっと早くこうしてくれればよかったのに・・・

確定申告書の送信には、「電子署名用の暗証番号」と「利用者証明用の暗証番号」が必要です。

この2つは、マイナンバーカードを作った時に設定するものです。

なので、マイナンバーカードを作った方は設定した暗証番号を忘れずにしっかり保管することをお勧めします。

暗証番号が無いと、マイナンバーカードを便利に使うことができません。

この話がどなたかの参考になればうれしいです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【節税】e-Tax マイナンバーカード方式(2次元バーコード)で確定申告してみる

カテゴリ:
ぼちぼち確定申告の準備をしています。

私の場合還付になることが多いので、面倒ですが毎年申告しています。

今までは紙に印刷して申告書を提出していましたが、今年からスマホでマイナンバーカードを読み取る方式の「マイナンバーカード方式(2次元バーコード)」で申告しようかと思っています。

今年国税庁の申告書作成コーナーに追加された新方式です。
Inked確定申告_LI

スマホに「マイナポータル」というアプリをインストールして、マイナンバーカードを読み込ませて認証します。
確定申告2
利用にはマイナンバーカード読み取り可能なスマホが必要です。

私はiphoneを使っているのですが、問題なくマイナンバーカードを読み込むことができました。

スマホだけで確定申告することになるのか?と思いましたが、そうではありません。

ちゃんとパソコンで確定申告の準備ができます。

この方式でパソコンで自分のアカウントにアクセスするには、パソコン画面に表示されるバーコードを、スマホのマイナポータルアプリ内のバーコードリーダーで読み込み、

次にマイナンバーカードをスマホで読み込み認証する必要があります。

以前からICカードリーダライタでマイナンバーカードを読み込む方式はありましたが、

今回新たに追加された2次元バーコード式は、スマホを使ってマイナンバーカードを読み込むので、ICカードリーダライタを購入する必要がありません。(ICリーダライタ購入費用不要

申告もパソコンからネットで電送できるようなので(まだやってませんが・・・)、「印刷して提出」方式のように印刷・郵送する手間がありません。(印刷・郵送費用不要

コスト的にも手間的にもメリットがあるので、今年はマイナンバーカード方式(2次元バーコード)で申告してみようと思います。

最後の申告書電送までちゃんとできるか不安がありますが、試しにやってみようと思います。

何かトラブルがあって出来なかったら。最悪いつもの印刷して郵送方式で送れば良いし。

ちなみに、どの方式であっても確定申告書の準備画面は変わりません。

いつもの確定申告書作成コーナーのなじみのある画面で準備ができます。

確定申告は面倒ですが、税金について知ることはお金持ちへの第一歩といいますし、可能な方は試してみてはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

このページのトップヘ

見出し画像
×