タグ

タグ:年払い

iDeCo掛金を年払いに変更しました

カテゴリ:
まったり週末を楽しむウメイロです。

先日イデコ掛金を年払いにすると国民年金基金連合会への収納手数料がお得になる記事を掲載しました。

変更手続きの書類を申し込んだら、早速送られてきました。
IMG_4025-2

掛金額変更の部分はあらかじめ記載されています。
このような簡単なを書類2枚と本人確認証を提出すれば、掛金の年払い手続き完了です。

とっても簡単でした。
これで収納手数料を年額1,133円節約できます。
たった1,133円と思うかもしれませんが、10年で11,330円と思うと大きくないですか?
しかも、1度手続きすればずっと継続するんです。

注意する点は、来年の12月に掛金引き落とし口座に必ず1年分の掛け金額を用意すること。

恐ろしいことに、決められた日に口座から掛金を引き落としできないと、その分の掛金はイデコ口座に入れらなくなってしまいます。救済措置は無いようです。

固定費削減は地道な作業ですが、一度仕組みを作れば、特に努力しなくてもずっと続きます。

固定費削減の種を見つけたら、またご紹介しますね~(*・ω・)ノ




カテゴリ:
ウメイロです。

iDeco(イデコ)の掛金年払いが2018年1月から可能になりました。
年払いにすると手数料がお得になるらしい、ということで色々調べてみました。
どうやらこんな感じです。
  • 月払いだと国民年金基金連合会への収納手数料が月毎にかかる(月103円×12月=年1,260円)
  • 年払いだと収納手数料(103円)を年1回だけ払えばよい→手数料を年間1,133円節約できる!

手数料を安くした方がベターなのは投資の鉄則なので、早速取引してるイデコの会社に電話したところ、切り替えに必要書類を送ってくれることになりました。

コールセンターの方の説明によると、私の場合、今年一杯月払いで納め、来年は年払いに移行(年末12月の1回のみ拠出)になるそうです。

ただ、年払いにすると毎月購入に比べてドル・コスト平均法の恩恵が受けられないな~。どうしよう。

そこで、ちょっと面倒ですが、翌年12月の拠出時に、いったん定期預金的なリスクの低い商品に1年分掛け金を全額入れて、翌々年に変動リスクのある本来買いたかった商品に毎月手動で移していくことにしました。

来年は景気が不透明な感じもするので、1年間毎月の定額買いをお休みするのもよいかもしれないな、と考え、思い切って年払いに移行することにしました。

そもそも、イデコって何?と思う方もいるかもしれませんので、これについてはまた後日説明したいと思います。

ではでは。


このページのトップヘ

見出し画像
×