タグ

タグ:新型コロナウィルス

【仕事】在宅勤務が体に馴染んで、もうオフィスに戻れない

カテゴリ:

こんにちは、ウメイロです。

今日も元気に在宅勤務です。

緊急事態宣言の時には強制的に在宅勤務だったのですが、今は自発的に在宅勤務しています。
shigoto_woman_casual
うちの会社は、今はオフィスに来るのも在宅もどちらもOKという状態になっています。

なので、業務上必要が無ければ私は在宅勤務しています。

在宅勤務が常態化して分かったのは、在宅勤務の効率の良さ。

忙しい時、仕事に集中したい時に、無駄に話しかけらることがないので効率よく仕事できます。

物理的な距離が離れていると、人に重要でない仕事を押し付けられる「スキ」もできにくいので、特に女性には快適なのではないでしょうか?

こういうの男性には分かりにくいと思いますが、女性ってホントに雑用を押し付けられがちなんですよ。

そういうウザイことから距離を置けるのは本当に助かります。

で、本当にやらなければならない大切なことに集中できる。

在宅勤務、サイコーです。

唯一の欠点は足腰が弱る事ぐらいかしら。

運動不足を実感します。

極力毎日歩くように努力してますが、減る筋肉、増えるぜい肉。

お年を重ねてから重力に負けて垂れ下がるぜい肉に難儀しています。

意識して運動する様にして、明日も楽しく在宅勤務します。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。


では、またね。(*・ω・)ノ

読者登録お願いします♪

【旅行】Go To トラベルがない方が旅行に行きやすい気がする

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

22日からGo to トラベルキャンペーンが始まりましたね。
3395606_s

Go to トラベルキャンペーンは旅行業界を救うために、旅行を推進するために企画されました。

しかし、直前に東京が除外されたことで、旅行に行きにくい雰囲気ができてしまったような気がします。

特に東京都民は、「私たち旅行に行っちゃいけなの?」という気持ちになったのではないでしょうか?

Go to トラベルキャンペーンがなければ、旅行に行きたい人は新型コロナウイルスへの対策をしつつ、個人の判断で旅行に行っていたと思います。

Go to トラベルのゴタゴタが繰り返し報道されたことで、旅行に行きにくい空気が形成されたような気がします。

旅行とひと口に言っても色々なアクティビティーがあるので、3密を避けながら、コロナに注意しながら安全に旅行することはできるんじゃないかと思うんですよね。

人によって色々な考え方があるし、今後どうなるかは誰にも分かりません。

コロナの問題は短期で沈静化するとは思えないので、コロナと上手に付き合いながら、少しずつ経済も回しながら今までに近い生活を試す努力もした方が良いような気がします。

過度に恐れすぎず、でも注意深く、いつもに近い生活を探っていきたいな。

今日は何となく思ったことを書いてみました。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。


では、またね。(*・ω・)ノ

読者登録お願いします♪

【健康】新型コロナ対策ハンドジェルはエタノール濃度が大事

カテゴリ:

こんにちは、ウメイロです。

新型コロナ対策にハンドジェルを買おうと近所のドラッグストアに行きました。

そこで気なったのはハンドジェルのエタノール(アルコール)濃度。

今日は新型コロナ対策用ハンドジェルのエタノール濃度について。

ドラッグストアにハンドジェルを買いに行ったら・・・

最近はドラッグストアやスーパーマーケットの店頭でも除菌用ハンドジェルを売っています。

なので簡単に買えるだろうと思ってドラッグストアに行きました。

沢山のハンドジェルがあったのですが、ふと除菌の有効成分であるエタノール濃度が気になって、裏面の成分表示を見ました。

すると「【成分】エタノール、XX、XX・・・」とエタノールが含まれているのは明記されているけど、濃度が明記されているものが少ない。

なんとなくエタノール濃度80%ぐらいはあったほうが確実な気がしたのですが、1店目では見つからず、2店目に。

ようやく2店目でエタノール80%以上、税抜1000円、500mlのハンドジェルを見つけました。

これって安いのかな??

それで3店目に行くとそこには濃度80%以上のハンドジェルはなく、4店目にあった濃度80%以上のハンドジェルは税抜1250円、500mlでした。

そこで2店目に戻って1000円の濃度80%以上のハンドジェルを購入。
IMG_5447
(本品「100mL中に日局エタノール83mL」って濃度83%ってことだよね??)

ハンドジェルを探す長い旅が終わりました。

ハンドジェルにエタノール濃度が書いてない問題

この時見たたくさんのハンドジェルは、エタノール濃度が明記されていない物が多かったです。

エタノール濃度が明記されていないハンドジェルの濃度がどのくらいなのかは、メーカーに問い合わせてみなければわかりません。

エタノール濃度が明記されていないハンドジェルは本当に新型コロナウイルス対策として有効なのでしょうか?

どのぐらいのエタノール濃度があれば、新型コロナウイルス対策として有効なのでしょうか?

少し調べてみることにしました。


厚労省の推奨はエタノール濃度70%以上95%以下

ネットでググったところ、厚労省の推奨濃度が出ていました。

(「2.手や指などのウイルス対策」を読んでみてください)

このサイトによれば、新型コロナに有効なエタノールの推奨濃度は70%以上95%以下。

でも入手が難しかったら60%台でも大丈夫なのでは・・・。

そんな書き方でした。

新型コロナ対策用ハンドジェルを買う時はエタノール濃度に注目

ドラッグストア巡りをしていて感じたのは、エタノール濃度70%ぐらいの製品は、エタノール濃度を売り文句として見やすく表示しているように見えました。

一方、医薬品っぽい地味なパッケージでも、裏面を見ると成分表示に80%以上のエタノール含有量であることが明記されている製品もありました。

そして大多数のハンドジェルは、成分表示にエタノール含有であることは書かれていますが、濃度までは記載されていませんでした。

これらのハンドジェルのエタノール濃度はメーカーに直接確認しないと分かりません。

結論として、新型コロナウイルス対策としてハンドジェルを購入する場合は、エタノール濃度をよく確認してから購入したほうが良いと思いました。

厚労省の推奨濃度が絶対正しい、とは言い切れないのですが、一つの目安にはなるかと思います。

何しろ新型コロナウイルスについては、よくわかっていない部分が多いので。

新型コロナウイルス対策としてハンドジェルを購入しても、実は完全に除菌しきれない濃度だった、という悲しいことも起こりえるので、ハンドジェルのエタノール濃度には注意した方がよさそうです。



ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

この話がどなたかのお役に立てばうれいしいです。


では、またね。(*・ω・)ノ

読者登録お願いします♪

【健康】新型コロナ対策に値段が下がったマスクを買った

カテゴリ:

こんにちは、ウメイロです。

昨日ドラッグストアに行ったら、マスクの値段がそこそこ安くなってきたので、購入しました。
IMG_5446
非医療用ですが、3層構造マスクです。

一般財団法人カケンテストセンターの性能試験済み。

「ウイルス飛沫を99%カット」と表示されています。

(ただし「マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません」とも書かれています。ごもっとも。)

そろそろ手持ちのマスクが無くなりそうになっていたんですよね。

値段は30枚で657円(税込み)。

1枚当たり21.9円だから、そろそろいいかな、と思って購入しました。

ずっとマスクの値段を観察していて、大体1枚40-50円で売っている店が多かったので、20円程度になってたらもう買っていいですよね。

もしかしたら、これから生産過剰になったマスクがもっと安く手に入るかもしれないけど、この辺りで手を打つことにしました。

たかがマスク、されどマスク。

大切なお金は大事に使いたいです。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

読者登録お願いします♪

【旅行】新型コロナウイルス下の飛行機搭乗で気をつけること

カテゴリ:
こんにちは、ウメイロです。

連休に飛行機搭乗する予定なので、国内航空会社勤務の知り合いに今飛行機に乗るとき何に気を付けたら良いか聞いてみました。
3395606_s
答えは、防寒具を持って行った方がいいよ、でした。

今、機内で毛布の貸し出しをしていないらしいです。

なので寒がりの女性は、自前の毛布とか防寒具とか持って行った方がよさそうです。

あと、どなたかのブログで見たのですが、コロナ対策で機内のドリンクサービスが「おーいお茶」のパックのみになっているのを見ました。

機内で飲むコーヒーを楽しみにしていたので残念です。

コロナ対策ということで仕方ないですね。

航空会社も減便で厳しい懐事情というのもあるのでしょうが。

機内のコロナ対策は、きっちりマスクしてれば大丈夫と国内航空会社勤務の友人に言われました。

個人的には機内で飴やガムをかむなど、唾液でウイルスを洗い流すようにしようと思っています。

連休の旅行、どうしようか今も悩み中ですが、以下の理由から受け入れ先がOKしてくれれば行こうと思います。

①自分の新型コロナリスクはかなり低いこと
・都内の盛り場にはここ4か月全く言っていない
・友人との飲み会や会食にも行っていない(オンライン飲み会のみ)
・在宅勤務で都内の職場にもほとんど行っていない

②旅行に行く人がいないと地域の観光業が倒産してしまうこと
・地方の宿泊施設とか、信じられないような安値になっており、おそらく収入が欲しいと思われる

コロナ環境下ですが、コロナには気を付けながら、できるだけ普段と同じ生活をしようと思います。

人によりいろいろな考え方があるとは思いますが、私はこうしようと思います。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。


では、またね。(*・ω・)ノ

読者登録お願いします♪


このページのトップヘ

見出し画像
×