タグ

タグ:東京電力

【節約】楽天でんき値上げ:東京電力に戻ることにした

カテゴリ:
20日に急に楽天でんきからメールが届きました。

何かと思ったら楽天でんきの料金改定のお知らせ。
楽天でんき電気代値上げ
6月の電気単価値上げに引き続き、燃料調整単価を市場価格調整単価に変更するそうです。

つまり、今までの地域電力会社の燃料調整単価に連動した単価から、日本電気卸電力所の取引単価に連動した市場調整価格単価に変更になり、

さらにかみ砕いていて言えば値上げするということ。

メールにはご丁寧に電力試算ページへのリンクがついており、

一人暮らし世帯(150kwで試算)で試算したら全ての月で値上げになるとの試算結果が出ました。
電気料金試算訂正
実際のところウチの使用電力量って1か月70kw(試算の半分以下)ぐらいなので、

こんなに値上げになるわけはないのだけど、

ロシアのウクライナ侵攻問題解決の目途が立たず、

エネルギー価格高騰に歯止めがかかる見通しがつかないので、

この冬の電気代高騰のリスクを回避するために、東京電力に戻ることにしました。

他の新電力会社を探すことも考えたのですが、どの新電力会社も電気を購入して再販するという構造に違いはなく、

楽天でんきと懐事情に大きな違いはない訳で、

今現在良さげな電力会社でも今後の電気の市場価格によっては値上げのリスクはある訳です。

そうすると、少しでも自分で電気を作る能力があり、企業規模の大きい東京電力に戻るのが、

まだしも安全、と判断しました。

先が見通せない時には、寄らば大樹の陰。

楽天でんきは11月の電気使用分から市場調整価格を導入するようなので、11月から東京電力に戻ることにしました。

幸い電力会社変更は、ネットで即日申し込み可能なので、

すぐに申し込みすれば11月1日から東京電力に変更できるでしょう。

思えば、

2019年7月~2020年6月 自然電力

2020年7月~2022年10月 楽天でんき


と、2年4か月間、割安な電気を使わせていただき、

その企業努力に感謝しつつ、不透明な状況の今は東京電力に戻らせていただきます。

また状況を見て、新電力会社の方がおトク、となったたらすぐに戻れるわけですし。

状況を見ながら電気代節約波乗りを続けて行きたいと思います。

楽天でんき解約により、楽天市場のSPU倍率が下がることだけが心残りです。

電気代節約のため、うちはLED電球に切り替えました。


ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【節約】楽天でんき値上げ後の電気代比較:東京電力と比べて得なの?損なの?

カテゴリ:
2022年6月から楽天でんきの料金単価が値上げになります。

東京電力エリアの楽天でんき料金単価は以下になります。

(改定前)26.5円/kWh→(改定後)29.45円/kWh

上記単価以外に「燃料調整単価」が定められており、これは月ごとの燃料調達コストにより変動します。

先日楽天でんきの6月の燃料調整単価が発表されました。

楽天でんき燃料調整単価

楽天でんき6月の燃料調整単価は2.97円/kWh(東京電力エリア分)

これは東京電力の燃料調整単価と全く同じです。

発表された燃料調整単価と値上げ後の単価を元に、6月の電気料金を楽天でんきと東京電力で比較してみました。

自分の1か月の電気使用量は大体60kWhなので、60kWhで試算します。

楽天でんき

0円(基本料金)+(29.45円(単価)+2.97円(燃料調整単価))×60kWh+897円(再エネ賦課金)=2,842円

東京電力

858円(基本料金)+(19.88円(単価)+2.97円(燃料調整単価))×60kWh+897円(再エネ賦課金)=3,126円

東京電力燃料調整費単価

(計算式は上記リンクの「電気料金の計算例」を参考にしました)


60kWhという低量使用者の場合、楽天でんきの方が電気代が安くなりますね。

なので私は6月以降も楽天でんきとの契約を継続します。

楽天でんきが燃料調整単価を東京電力と同じに設定するのであれば、私の場合、楽天でんきを使った方が安くなると思います。

楽天でんきの基本料金0円が低量使用者には電気代削減に効果を発揮するような気がします。

ただ、今後も継続的に楽天でんきと東京電力の単価と燃料調整単価をウォッチし、どちらが得かをチェックしていきたいと思います。

楽天でんきの値上げで6月以降の電気代が気になる方の参考になればうれしいです。

電気使用量削減・電気代節約にはLED電球への交換が効果的です。

この機会に電球をLED電球に変えてみてはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

電気・ガス両方使える家がいい:東電電力ひっ迫の教訓

カテゴリ:
3月23日に東京電力の電気供給がひっ迫して東電が節電要請してましたが、ようやく解消されつつあります。

3350
(停電に備えて懐中電灯と電池を準備)

うちは、煖房にガスと電気両方使えるので、特に困ったことはありませんでした。

どういう事かと言うと、住まいにガス式の暖房が入っているので、23日はガス暖房をつけて寒さをしのぎました。

エアコンもついているので、もしガスがダメになったらエアコンをつければ暖が取れます。

今回のことから学んだことは、住宅はガス・電気、両方使える家に住んだ方がリスクが少ないということ。

電気がダメならガスを、ガスがだめなら電気を使えばいいんです。

両方ダメになったらその時はどうしようもありませんね。

東日本大震災の時に家が計画停電エリアになった時も、ガス暖房で暖を取り、ガスコンロで料理したので特に困ったことはありませんでした。

ちなみにガスがダメになった時のために、念のため電気湯沸かしポットを常備しています。

万一ガスが使えなくても、電気でお湯が沸かせるので、これでカップラーメンや簡易みそ汁ぐらいは作れます。

何でもそうですが、一つのものに依存するのはリスクが大きいので止めた方がいいと思います。

AがダメならBを、BがダメならAをと代替手段がとれるように準備しておいた方がいいと思いました。

東電の口車にのってオール電化になんてしたらダメですよ。

今まで日本で電気の供給が危ないなんて無かったのですが、これから先はどうなるか分かりませんね。

今までの当たり前が当り前でなくなることがあるのかもしれない。

常にいろんなリスクに備えておきたいと思いました。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

このページのトップヘ

見出し画像
×