タグ

タグ:楽天でんき

【節約】2022年5月の電気代公開:楽天でんき

カテゴリ:
最近燃料費高騰で電気代が高騰してきております。

自分自身の電気代を備忘録的に公開することにしました。

電気使用の前提条件は以下の通り。
  • 一人暮らし
  • 主な使用家電:冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、オーブントースター、ドライヤー、パソコン(テレビ、炊飯器はありません)
  • 電力会社:楽天でんき(東京電力エリア)
2022年5月の電気代は1830円(56kw)でした。

(画像はクリックすると大きくなります)
2205電気代
折れ線グラフが前年同月の電気代です。

1月から5月までずーっと前年の電気代を上回っていることが分かります。

一方、電気の使用量がこちら。
2205電気使用量
電気使用量は前年同月を下回っていることが分かります。

5月電気代の内訳はどうなっているでしょう?
2205電気内訳
楽天でんきはkw当たり単価が26.5円(東京電力エリア)というシンプルな料金体系。

増えているのは「燃料調節額(2.74円/kw)」と「再エネ発電促進賦課金(3.45円/kw)」でしょうか。

昨年2021年5月の電気料金の内訳を見てみましょう。
2105電気内訳
2021年5月の燃料調節額は-3.64円/kw、再エネ発電促進賦課金は3.36円/kwでした。

昨年5月と比べて、今年の5月は燃料調節額が高騰していますね。

再エネ発電促進賦課金も少し上がっていますが、上昇幅はそれほど大きくありません。

加えて再エネ発電促進賦課金はどの電力会社も同じ金額のはずなので、電力会社によって優劣はありません。

まとめ

2022年5月の電気代は、前年同月より使用量が10kw減っているにもかかわらず、電気料金は101円上がりました。

電気代上昇の原因は燃料調節額の上昇によるもので、対前年同月比で6.38円/kwも上昇したのが原因です。

6月から楽天でんきの単価が29.45円/kw(東京電力エリア)に変更されるので、前月との単純比較が難しくなりますが、今後も継続して電気代をウォッチしていきたいです。

電気代高騰は今後も続きそうなので、何らかの対策をした方がいいですよ。

私は照明をLED電球に変えました。

こちらもオススメ。




ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【節約】楽天でんき値上げ後の電気代比較:東京電力と比べて得なの?損なの?

カテゴリ:
2022年6月から楽天でんきの料金単価が値上げになります。

東京電力エリアの楽天でんき料金単価は以下になります。

(改定前)26.5円/kWh→(改定後)29.45円/kWh

上記単価以外に「燃料調整単価」が定められており、これは月ごとの燃料調達コストにより変動します。

先日楽天でんきの6月の燃料調整単価が発表されました。

楽天でんき燃料調整単価

楽天でんき6月の燃料調整単価は2.97円/kWh(東京電力エリア分)

これは東京電力の燃料調整単価と全く同じです。

発表された燃料調整単価と値上げ後の単価を元に、6月の電気料金を楽天でんきと東京電力で比較してみました。

自分の1か月の電気使用量は大体60kWhなので、60kWhで試算します。

楽天でんき

0円(基本料金)+(29.45円(単価)+2.97円(燃料調整単価))×60kWh+897円(再エネ賦課金)=2,842円

東京電力

858円(基本料金)+(19.88円(単価)+2.97円(燃料調整単価))×60kWh+897円(再エネ賦課金)=3,126円

東京電力燃料調整費単価

(計算式は上記リンクの「電気料金の計算例」を参考にしました)


60kWhという低量使用者の場合、楽天でんきの方が電気代が安くなりますね。

なので私は6月以降も楽天でんきとの契約を継続します。

楽天でんきが燃料調整単価を東京電力と同じに設定するのであれば、私の場合、楽天でんきを使った方が安くなると思います。

楽天でんきの基本料金0円が低量使用者には電気代削減に効果を発揮するような気がします。

ただ、今後も継続的に楽天でんきと東京電力の単価と燃料調整単価をウォッチし、どちらが得かをチェックしていきたいと思います。

楽天でんきの値上げで6月以降の電気代が気になる方の参考になればうれしいです。

電気使用量削減・電気代節約にはLED電球への交換が効果的です。

この機会に電球をLED電球に変えてみてはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

楽天でんき値上げ:楽天でんきは今後、地域電力会社よりトクなの損なの?

カテゴリ:
先日楽天でんきが値上げになる、という記事を書きました。


その後、楽天でんきからメールが届きました。

メールのタイトルは「【重要】「楽天でんき」料金改定による月額電気料金の値上がり額のご案内」

何じゃ?と思って文面を読んでみると、
スクリーンショット 2022-04-11 102709
私の電気使用量では、楽天でんきと地域の電力会社との料金比較では、地域の電力会社の方が安くなるよ~、といった内容でしょうか?

-332円って、トクなの?損なの?どっち?

そして丁寧にも、電力会社の切り替えの方法と6月までに切り替える場合の切り替え期限も書いてありました。
スクリーンショット 2022-04-11 103018
遠まわしではありますが、ほかの電力会社に切り替えてほしい、ということなんでしょうか?

文面下部には、電力量と契約内容を入力すると、地域の電力会社との料金比較できるサイトのリンクが掲載されています。

このサイトに自分の契約条件を入れて試算してみました。


すると、楽天でんきの新電力料金は、今までの料金より値上げになりますが、地域の電力会社よりは安くなるとの結果が出ました。
スクリーンショット 2022-04-11 111624
どうやら-265円とは、地域の電力会社より楽天でんきの方が265円安いですよ、とのことらしい。

でも不思議ですよね、上記メール文中では-332円と書いてあるのに、サイト試算では-265円。

このギャップは何なのでしょうか?ここは謎のままです。

試算サイトの細かい字をよく読んで見ると、以下の記述が。
  • 試算結果は電気使用料金のみの金額です。
  • 燃料費調整額・再エネ発電促進賦課金・楽天ポイント(進呈額)を除く。

どうやらこの試算結果は燃料調節額や、再エネ発電促進賦課金などは含まれずに計算されているようです。

確かに楽天でんきの電気使用料は、2022年6月から26.50円→29.45円に、+2.95円/kw値上げになりますが実際の単価は燃料調節額などによって調節されます。

実際に2月のでんき請求書の内訳を見ると、
スクリーンショット 2022-04-11 105348
燃料調節額0.74円、再エネ発電促進賦課金3.36円がついて、Kwあたり単価は大体30.6円になります。

再エネ発電促進賦課金は各電気業者一律の料金なので、電力会社によって差はつかないはず。

なので、実質の楽天でんき電気料金は、各プランの従量料金+燃料調整額=kwあたりの単価になります。

6月になってみないとこの燃料調整額がいくらになるか分からないので、とりあえずこのまま楽天でんきに居座り続けて、6月にまた再検討することにしました。

ツイッターを見ると楽天でんきからのメールを見て電力会社を乗り換える方もいらっしゃるようですが、自分は保留にして様子を見ることにしました。

この記事が楽天でんきに興味がある方の参考になればうれしいです。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ



楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

楽天でんき値上げ:2022年6月1日から

カテゴリ:
楽天でんきが2022年6月1日から値上げになるそうです。

ネタ元はこちら。


エリアにより値上げ幅は異なりますが、東京電力エリアの場合、

26.50円→29.45円に、+2.95円/kw値上げになります。

うちの場合大体月に70kwぐらい使用するので、単純計算で月200円ぐらい値上がりします。

さらに、燃料費調整制度の上限価格が撤廃されます。

簡単に言うと電気を作るための燃料価格を元に、調整額を入れていたのですが、その調整額の上限が撤廃されるようです。

こちらも燃料費高騰による電気代値上げを視野に入れた変更と思われます。

原料になる燃料が高騰している以上、電気代値上げはどの電力会社も行っているようなので、ある程度は仕方ないかなと思います。

原料が高騰しているのに、小売り価格を据え置きにしていたら会社がつぶれますものね。

ただ妥当な値上げ価格かは、引き続き他社と比較検討していきたいと思います。

2月の電気代を確認したら、燃料費調整額が上がり、前年同期より電気代あがってました。

詳しくはコチラをご覧ください。

今回の値上げも、いつか来るだろうと予想はしていたので、仕方ないかなと思いました。

節電の方法をさらに研究したいと思います。

うちは去年からLED電球への切り替えを進めました。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

【節約】電気代がじわじわ上昇中:楽天でんき

カテゴリ:
先日2月の電気代お知らせが届きました。

請求された電気代は、72kwで2,202円

去年の2月の電気代が、70kwで1,701円だったので、

がっつり上がってます、電気代。

契約している楽天でんきは、関東では1kw26.5円と固定従量課金制でこの単価は変わっていません。

では何が変わっているのかと言うと「燃料費調節額」が変わっています。

燃料費調節額比較

2022年2月・・・+0.74円

2021年2月・・・-5.17円


1kwあたり6円近く上がってます。

ほかに「再エネ発電促進賦課金」も0.3円ぐらい上がっているので、

これらの価格上昇が月に500円も電気代が上がった原因ですね。

もともと月の電気使用量は70kw前後と、一般家庭の中では少ない方なので、

このぐらいの電気代上昇ですんでますが、

ご家族をお持ちで電気代がかかる方は大変だろうなと思います。

ウクライナ情勢の影響なのか、今後も光熱費の上昇が見込まれます。

うちは去年照明をLED電球に変えて今後の電気代上昇に備えています。



古い家電をお使いの方は、特に冷蔵庫を新しくすると電気代節約につながるかもしれません。

電気代節約、、これからも地道に続けていきたいと思います。



ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング

このページのトップヘ

見出し画像
×