タグ

タグ:節税

iDeCoするとよい人って?

カテゴリ:
ウメイロです。

最近iDeCoって、やったほうがよい人とやめといた方がよい人がいることに気がつきました。
どんな人がiDeCoすると得なのでしょうか?
21a3ce5ac2d1b388207fc37bcafe87e2_s

ウメイロが考えるiDeCoすると得な人、すると良い人の条件をあげてみますね~

1.所得税率が高い人

iDeCoのメリットは掛金が所得控除になることです。
であれば所得税率が高い人の方がメリットが大きくなります。
所得税は、その方の年間の所得額により、5%から45%まで幅があります。
であれば、5%所得税を納めている人より45%所得税を納めている方の方が、iDeCoをすると節税できることになります。

仮に掛金月2万円の方がいるとして、年間に節税できる所得税額は、所得税率5%の方が1万2千円、45%の方が10万8千円となります。所得税率が高い人ほど、節税できることになります。

2.ある程度生活資金に余裕がある人


iDeCo口座に入金した掛金は、60歳まで引き出すことができません。
であれば、iDeCo外口座にも生活防衛資金がある方が始めたほうが良いと思います。
生活がかつかつの方が始めると、生活資金が足りなくなってもiDeCo口座から引き出すことができず、困ったことになります。

3.iDeCo口座での運用期間が長く取れる人(15年以上できれば20年以上あると安心)

iDeCoの運用益に非課税メリットを享受するには、iDeCo内で長期運用できるほうが有利になります。先進国株のインデックス投資であれば長期運用すれば運用益が増える可能性が高くなりますが、短期運用だと始めた時の景気やトレンドに左右される可能性が高いです。


上記1-3に当てはまる方って、ざっくりしたイメージですが、以下のような方でしょうか。

・継続した所得のある方(所得税率20%以上ぐらいだとお得感がでやすいかな)
・始める年齢が35歳-45歳ぐらい
(あまり若いと生活カツカツでライフプランも固まってないような気がします)

逆にやめといた方がよい方は、上記1-3の条件に合わない方ですね。
1.所得のない方、または所得税率の低い方
2.生活資金に余裕のない方
3.運用期間が長く取れない方

iDeCoは新社会人といった若い方にはあまり向かない制度かもしれませんね。そのぐらいの年齢って後から学校通ったり、まだまだ自己投資にお金をかけたい年齢だし、自己投資したほうがリターンも大きそうだし。

あとは50歳以上の退職予備軍もiDeCoを始めるのはやめたほうが良さそうです。所得税率が高ければ節税目的でありかもしれないけど。

その方の状況次第なので何とも言えませんが、iDeCoを検討されている方は、始めることが本当に自分にとってメリットがあるのか?を状況を見てシビアに検討することをおすすめいたします。

一人のイデコ利用者の個人的な感想です。参考になればうれしいです。。


【ふるさと納税】遠野市返礼品㈱ウエイブのパンが届いた

カテゴリ:
昨日は暑い中休日出勤をこなしてきたウメイロです。

さて、先日注文した遠野市のふるさと納税のパンが届きました。
IMG_4033
ふるさと納税サイトに掲載されている写真で想像したよりも大きく、サイズ的には満足です。

よくふるさと納税をパンの返礼品が欲しくて申込ますが、届いてみると写真で想像しするより小さくてがっかりすることがありますが、今回はOKです。

しかも注文してからすぐ届いてビックリしました。
約1週間で届きましたから、今までの返礼品の中では最速です。

IMG_4038
こちらは届いた中では大きめのパンです。長い直径が15cmぐらいでしょうか。
全てのパンがこのサイズではなく、小さめのパンや食べきりサイズのパンも含まれています。

各パンの名称ラベルがついてないので、どれがどのパンかよくわかりませんが、とりあえず上の写真のパンを朝食に食べてみました。

いちじくのほのかな甘みを感じたので、どうやらこれはグラハムブレッドというパンらしいです。
周りにゴマがたっぷりついていて、しっとりほどよい硬さで美味しかったです。

美味しいパンを食べると、朝から幸せな気分になるので、ついついふるさと納税でパンを頼んでしまします。

日曜の朝からパンで幸せな気分になったので、ご紹介いたしました。
また良い返礼品があれば紹介していきますね~(*・ω・)ノ


iDeCoの出口戦略ー最後の10年は何にどれくらい投資すべきか?

カテゴリ:
なんとなくダルくて仕事に集中できないウメイロです。

先日iDeCo口座では運用益に課税されないため、多少リスクのある資産も購入してみては?という記事を書きました。


ただ、運用期間が10年を切っている方は、少しずつリスク資産を減らしていくことも検討した方がよいのかもしれません。
bde248d8cd28449909f4ca870b1decca_s (1)

60歳以降になり、iDeCo口座の資産を使おうとしたら、のきなみ不況で運用益マイナスだったらがっかりですよね。

そう考えると、運用期間10年を切った段階でリスク資産を多くお持ちの方は、徐々に安全資産に切り替えていくのも必要な気がします。

iDeCo最後の10年をどうするのがベストかは、ウメイロも未知の世界。自分が経験していないので、はっきりしたことが書けません。

既にiDeCo受け取り状態になっている方がいらっしゃれば、最後の10年をどうしたか、もしその当時に戻れるならどうしたいか、お聞きしてみたいものです。



 

カテゴリ:
週末を満喫中のウメイロです。

久しぶりに「ふるさと納税」しました。
今回は遠野市のパンを5000円の寄付で申込みました。


パンとか米とか、生活に必要な特産品は毎日の生活で使いやすいので、よく申し込みます。

だいぶん利用者が増えたふるさと納税ですが、まだまだ利用していない人も多くもったいないと感じています。

ふるさと納税は、地方自治体に寄付することにより、実質負担2000円でお礼の品として地方特産品」がもらえる仕組みです。

気をつけなくてはいけないのは、寄付する人の所得や家族構成などにより、寄付金限度額が異なることです。限度額を超えると、超えた額をそのまま負担することになるので注意が必要です。

各自の大体の限度額は、以下のサイトから確認することができます。


以前は確定申告が必須でしたが、2016年にワンストップ特例制度が導入さてから、年間5自治体以内の寄付であれば、年末調整で対応できるようになりました。

ウメイロは2015年から使い始めましたが、もっと早く始めればよかったと後悔しています。

始めたきかっけは職場の年下の同僚に「すっごいお得ですよ」と教えてもらったこと。

すぐ調べて始めればよかったのに、その後2年ぐらいしてから、おもむろにに調べたら、本当にお得な制度で驚きました。この何もしなかった2年間が悔しいです。

本当にお得なことって、知り合いからの何気ない一言から手に入ることが多いです。

ウメイロ反省。。
周りの人からの情報を先入観なく素直に受け取れるようになれるよう、努力します。




このページのトップヘ

見出し画像
×