カテゴリ:
3月23日に東京電力の電気供給がひっ迫して東電が節電要請してましたが、ようやく解消されつつあります。

3350
(停電に備えて懐中電灯と電池を準備)

うちは、煖房にガスと電気両方使えるので、特に困ったことはありませんでした。

どういう事かと言うと、住まいにガス式の暖房が入っているので、23日はガス暖房をつけて寒さをしのぎました。

エアコンもついているので、もしガスがダメになったらエアコンをつければ暖が取れます。

今回のことから学んだことは、住宅はガス・電気、両方使える家に住んだ方がリスクが少ないということ。

電気がダメならガスを、ガスがだめなら電気を使えばいいんです。

両方ダメになったらその時はどうしようもありませんね。

東日本大震災の時に家が計画停電エリアになった時も、ガス暖房で暖を取り、ガスコンロで料理したので特に困ったことはありませんでした。

ちなみにガスがダメになった時のために、念のため電気湯沸かしポットを常備しています。

万一ガスが使えなくても、電気でお湯が沸かせるので、これでカップラーメンや簡易みそ汁ぐらいは作れます。

何でもそうですが、一つのものに依存するのはリスクが大きいので止めた方がいいと思います。

AがダメならBを、BがダメならAをと代替手段がとれるように準備しておいた方がいいと思いました。

東電の口車にのってオール電化になんてしたらダメですよ。

今まで日本で電気の供給が危ないなんて無かったのですが、これから先はどうなるか分かりませんね。

今までの当たり前が当り前でなくなることがあるのかもしれない。

常にいろんなリスクに備えておきたいと思いました。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。



では、またね。(*・ω・)ノ

楽天Roomやってます。
ウメイロ 楽天ROOM

読者登録お願いします♪


ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代一人暮らしへ


一人暮らしランキング